« アカラス(イヌニキビダニ)8 | トップページ | 嫌なニュース »

2007年3月12日 (月)

病気で苦しむワンコと飼い主さんへ

お知らせです。

ワタシがお世話になっているmisakoさん。病気で苦しむワンコと飼い主さんのために、病気に関する情報収集・勉強を目的としたデータベースを作成中だそうです。

「クキオの赤裸々な日々…」データベース

対象は
「多発性関節炎」、「多発性糜爛性関節炎」、「免疫介在性の関節炎」、「リウマチ」、「リウマチ性関節炎」、「変形性関節症」、「慢性関節炎」、「原因不明の関節炎」などの病気。

misakoさんのクッキーくんも、「自己免疫性リウマチ様関節炎」と闘っています。

犬の病気についての情報は、まだまだ多いとはいえません。病気のことを自分一人で悩むより、いろんな人に相談して情報をあつめることで、きっとより良い選択ができるのではないかと思います。ご検討ください。

犬や猫の病気の大半は、遺伝が原因と言われています。純血種同士の交配を行う場合は、病気を発生させないために、遺伝や病理についての専門知識が必要です。

病気で苦しむ犬や猫を増やさないためにも、自家繁殖を考えている方は、今一度よく考えてください。もし病気の子が生まれたら…自分で面倒をみることは可能ですか?以前、自家繁殖を行った結果、脳障害をもった子犬が生まれ、悩んだ結果安楽死を選択した、という方のコメントを読んだことがあります。今でもずっと、そのことが忘れられない、と書いてありました。

これから犬や猫を飼おうと思っている方にお願いです。

多様な犬(猫)種を扱う繁殖業者の大部分は、ブームだけを追いかけ、遺伝や病理について何の知識ももたずに乱交配を行っています。犬や猫を安く仕入れ生体展示を行っているペットショップから犬や猫を買うことについて、今一度考えてみてください。

ワタシがペットショップで支払ったお金が繁殖業者に渡り、病気で苦しむ犬や猫を増やすことにつながっているのです。こんな悲しいことはありません。

ペットショップで犬や猫を買うことが今の日本では一般的かつ合法である以上、買おうとする人をとめる権利はありません。一流のブリーダーから購入するような「チャンピオン直子」である必要はなくても、「健康」であってほしいですよね。ぜひ、犬や猫に対して愛情ある、繁殖に関する知識をもっているブリーダーさんから購入されることをお勧めします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

|

« アカラス(イヌニキビダニ)8 | トップページ | 嫌なニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカラス(イヌニキビダニ)8 | トップページ | 嫌なニュース »