« 犬にとって、良い動物病院 | トップページ | 華麗パン? »

2007年3月18日 (日)

膝蓋骨脱臼の治療

膝蓋骨脱臼は外科手術以外に完治させる方法はないようです。

「高齢になると歩けなくなることがあるので、早く手術したほうがいい」と説明のあるサイトが多いようです。「放っておくと靱帯がのびきってしまい歩けなくなる」とも聞いたことがあります。

これまで4軒の動物病院の先生からお話を聞きましたが、うちの場合(グレード3)に関しては「手術しましょう」と言われたことはまだ一度もありません。

札幌市中央区I動物病院
先生からは「難しい手術なので、手術したからといって治るとは言えない。このまま様子をみるしかないでしょう」と。(もう少し詳しく説明してほしかったんだけど、難しい手術だの一点張りで説明はいまいち・・・)

札幌市東区H動物病院
手術について話を伺うと、「手術をするとそのあとが大変で、1ヵ月くらいは絶対に立ち上がらないようにしないといけませんから」と言われました。途中でアカラスが発生してしまい、膝どころじゃなくなってしまいましたが、いずれにせよ、避妊手術とは一緒にはできないから、今は様子を見るしかない、と。「まずは悪化させないことが大事ですから、グルコサミンを飲ませ続けてください」とのこと。

江別市P動物病院
こちらにはうちの実家のシュナたちもお世話になっているので、ちょっと遠いのですが、お話を聞きにいきました(主にアカラス治療の相談) 脱臼について、先生は「はずれっぱなしだね。でも、手術がベストだとは思わないんですよ。犬は順応する力をもっているから、年をとっても、脱臼しながら歩いてる子はたくさんいるんですよ」と言っていました。

札幌市中央区M動物病院
現在通院中ですが、こちらの先生からも「手術しないといけないってことはないんですよ・・・でもひどいね。するなら両足いっぺんにしないとね」と言われました。

と4軒で診てもらっても、「手術したほうがいい」という先生はいませんでした。

元気なうちに手術しても「ぜったいに治る」という補償はありません。治るかどうかわからない手術をして、身体に負担をかけるのはどうか・・・長くても15年くらいしか寿命のない犬に、これを強いるのはどうなんでしょう。元気に長生きしてほしいと思えば思うほど、簡単には決められませんね。

うちの場合は最近はびっこもひかないですし、実際に「1才前まではよく関節がはずれていたけど、気づいたら自然に治っていた」という子もいます。

peepeeちゃん現在10ヵ月。良くなってほしい・・・というワタシの思いは全く通じる気配なく、彼女は毎日家の中を走り回り、何かあれば後ろ足で立って「ちょうだい」です(苦笑・立ってるうちは絶対に何もあげないんですけど、やめてくれません・・・)

何はともあれ、うちの場合は避妊手術が優先ですから、膝の手術の決断まではまだ当分時間があります。もっとよく調べてみようと思ってます。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

|

« 犬にとって、良い動物病院 | トップページ | 華麗パン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬にとって、良い動物病院 | トップページ | 華麗パン? »