« 犬のいびき | トップページ | 分離不安症 »

2007年1月24日 (水)

お祖父さん・お祖母さんとコミュニケーションを!

今日も札幌市動物管理センターには5匹の収容犬がいます。

ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテン、シェルティ、MIXと、大・中型犬ばかりです。22日に捕獲されたMIXの子は、車に轢かれたのでしょうか。前足に包帯を巻かれ、エリザベスカラーをつけています。

せっかく手当てしてもらったのに、飼い主が現れなかったら…。ひどいですね。この子たちは、なぜこんな目にあわされてしまうのでしょう。全ては人間の勝手な都合でしかありません。

大型犬やMIXは、まだまだ外で飼われていることも多いかもしれません。特に、飼い主さんがお年をめしている場合は、その可能性も高いかと思います。

もしも、このブログに来てくれた方のお祖父さんやお祖母さんが犬を飼っていらしたら、ちょっと声をかけて、様子を伺ってみてください。

残念な話ですが、犬を飼えなくなった」とセンターに連れてくるのは、若い方よりはお年寄りに多いと聞きました。CX系『特ダネ!』で特集していましたが、老人ホームに入るのに連れていけないから…」と飼育放棄する人が多いそうです。ホームに入るという理由以外でも、自分の身体に自由が利かない状態で、散歩が必要な犬を飼いつづけるというのは大変なことなのでしょう。若い人よりも、お年寄りのほうが諦めがいいというのか、“仕方ない”という考えが強いので、簡単に放棄してしまうのかもしれませんね。(だったら、最初から犬を飼わないでほしい・・・というのが本音ですが、現状は誰でも犬を飼う権利があるのですね)

お年寄りに考えを変えてもらうのは大変なことですよね。犬や猫の命を真剣に考えてくれるお年寄りは、多くないかもしれません。気づいたら捨てていた、なんてことにならないためにも、こまめにお祖父さん・お祖母さんとコミュニケーションをとって、ときには飼育のアドバイスをしてあげてください。愛犬家のみなさん、ぜひお願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

|

« 犬のいびき | トップページ | 分離不安症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬のいびき | トップページ | 分離不安症 »