« 分離不安症 | トップページ | アカラス(イヌニキビダニ)2 »

2007年1月26日 (金)

ブームのあと

トリノで、冬季ユニバーシアードが開催されていますね。
ワタシが今回ちょっと注目していたカーリングは、着々と勝ち進んでいたのですが、準決勝でロシアに8-9で敗れてしまったそうです。おしい!

ワタシ、もともとスポーツとはほぼ無縁。以前、仕事で小野寺 歩さんとお話させていただく機会があったんですが、そのとき、気さくで明るく、素敵な小野寺さんにすっかり惚れました(笑)。小野寺さんはチーム青森を引退されましたが、以来ワタシにとっては、カーリングはちょっと気になるスポーツです。

言うまでもなく、カーリングは、前回のトリノオリンピックで人気急上昇。いまや誰もが知るメジャースポーツですよね。

しかし。
ワタシ、道新のスポーツ面でこの結果を知ったんですが・・・、記事の扱いがかなり小さいじゃないですか・・・。まぁ負けたという話なので、仕方ないか、とも思うんですけど。

昨年の暮れあたり、たしかジャンクスポーツか何かで、本橋さんがコメントしていた内容が、頭をよぎりました。

たしか、オリンピックから帰ってきて、みんながものすごく応援してくれていた事を知りとてもうれしかったけど、それが長く続いてくれないことを残念に思っている、といった内容だったかと。笑いながら話していましたが、あまりにも極端な周囲の反応に迷惑しているようでした。

偉そうなことは言えないですが、なぜこう日本人は次から次ぎへとブームにとびついてしまうんでしょうね。(ほかの国も同じなんでしょうか・・・) 

ブームにのるのは、個人の自由かもしれません。でも、もう少し、自分の目でよく見て考えてから行動できたほうが素敵ですよね。日本に限らないのかもしれませんが、スポーツもアイドルも同じように人気が出ると商売にして、利用価値がなくなったからポイ、はあんまりだと思うんです。


そして、もっと問題が大きいと思うのは、その対象が生き物の場合。

ワタシが以前から見ている、犬や猫の保護活動をされている方のブログには、センターに収容されている犬たちの写真とともに、こんなコメントがありました。

「今日もゴールデンが2匹収容されていました。ブームになった犬種は必ず収容される数が増えます」

「最近はMダックスが多くなってきました。予想した通りです」


ブームだから飼おう、飽きたから、言うこときかないからから捨てようなんて、絶対に許されないこと。全く理解できないのですが、そんな浅はかな考えの人が減らない限り、罪のない命は奪われ続けるのでしょうか。

ゴールデンは体も大きいし頭もいい分、子犬のうちはイタズラをします。Mダックスはちゃんとしつけないと無駄吠えが多くなりがちだし、ヘルニアになることも多いんです。犬はただ可愛いだけではない。犬を飼う人なら、誰でも知っていることなんです。

もし、これから犬を飼おうかと検討されている方がいたら・・・、ぜひいろいろ調べよく考え、犬を知ってから行動にうつしてください。お願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

|

« 分離不安症 | トップページ | アカラス(イヌニキビダニ)2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分離不安症 | トップページ | アカラス(イヌニキビダニ)2 »