« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

1月の札幌に大雨・・・

異常です、1月の札幌に雨が降るなんて。
北海道は1年の中で1月~2月がいちばん寒いんです。なのに、札幌管区気象台によると、今日は4月上旬並みの暖かさ。平年より10~13度も高いそうです。

雪まつりは本当に危機的状況。今シーズンは当初から雪不足が懸念されていましたが、ここ1週間でかなりの降雪があり、「結局こうして一年に降る雪の量は、帳尻があうんだなぁ」なんて思っていたんですけど、晴天の霹靂とでもいうか・・・。まさかこのタイミングで雨が降るなんて、誰も予想していなかったでしょう。雪像にはブルーシートをかけて、被害を最小限にくいとめようとしているようですが、どうなるやら。

ちなみに雪まつり以外でも、冬に雨がふると大変です。今日の路面はまるで、ほとんど融けたカキ氷。足元はじゃぶじゃぶです(涙)

明日には気温が氷点下に戻るようなので、道路は凍ってツルツルになるでしょう。車も歩くのも、大変なんですよ。


温暖化の影響がこんなに身近に感じられるなんて、本当に怖いです。温暖化が生活に悪影響を及ぼし、光熱費などがこれまで以上にかかるようになったら、・・・。家計の状況を理由に、犬や猫を捨てる人も出てくるかもしれません。(ちょっと飛躍しすぎですかね・・・) 戦争や災害などのときには、かならず動物は後回し。地球温暖化も人間が原因をつくったのに、最初に被害を被るのは野生動物たちです。

ワタシなんかが言うまでもありませんけど、まずはアメリカが京都議定書に調印し、中国やインドなどこれから伸びる国が意識を変えなければ、事態は大きく好転しないですよね。ただ、そう嘆いて心配していても仕方ないですし、まずはこまめに電気を消すとかゴミを減らすとか、一人ひとりができることをしていくしかないですね。あぁ、無力です・・・。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月30日 (火)

犬の性格

うちのpeepeeちゃん(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル)、飼い主への執着がほとんどありません。
自分だけおいていかれそうな気配を察知したときには、あちこち執拗について周りますが、家にワタシかマルちゃんが残っているときは、ほぼ気にかける様子なし。さすがに家に帰ってきたときには喜んでくれますが、それは家に誰かが来たときに喜ぶのと大差がないよーな・・・(苦)

今朝もワタシが家をでるとき、一瞬玄関まで見に来ましたが、ワタシが出かけるより先に部屋に戻っていったんです。ありえない・・・(涙)

ずっと犬と暮らしてきましたけど、こんな犬は初めてです(笑) 実家にいるMシュナウザーとは比べ物になりません。犬種によって、こんなにちがうんだーと、日々発見があって面白いです。

シュナは家族に対する思い入れが強いというか、身内と他人をはっきり区別する傾向があります。シュナにとって、飼い主は特別な存在。それがたまらない!とシュナを好む人が多いようですね(きっとキャバリアだと物足りないでしょう)。 その分、飼い主が特別=他人への警戒心が強い犬なので、しっかりトレーニングする必要があります。

うちの実家のシュナの中で(3匹います)、いちばん年上のノッティは、しつけが悪かったのでしょう、知らない人には吠えてしまいます。子犬の頃からドッグランや人の集まりなど、いろいろ連れて行ったんですけどね。多頭飼いなので、そのなかのリーダーとして威張っているのかもしれません。2才頃から吠えるようになりました。縄張り意識が強いようで、散歩に行くとマーキングします。メスです(笑)


犬は、種類によって、そしてそれぞれの子によって、性格が違います。一緒に生活してみなければわからないこともたくさんありますが、犬種によって気質はある程度、一貫性があります。

犬や猫を飼う予定の方。
ぜひ、いろいろ情報を集め、その性質を知った上で、新しい家族として迎えてください。捨てるつもりで飼う人は、当然いないと思います。でも、全国の動物管理センターにはたくさんの罪のない命が収容されている。これが現状です。これ以上罪のない命が失われないためにも、ぜひお願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (4)

2007年1月29日 (月)

徳島の崖っぷちの犬について。その4

今朝の「とくダネ!」で、“徳島の崖っぷち犬”の譲渡会の様子が放送されていましたね。(朝の支度をしながら見ていたので、下記、数字等詳細は怪しい部分もあります。ご了承ください)

“崖っぷち犬”の隣には、“姉妹犬”と書かれた子。

姉か妹かはわからないけど、姉妹ということであれば、この子も引き取り手があらわれるだろうという、動物管理センターの方の機転なのでしょう。

でも。
“崖っぷち犬”の希望者は、あれだけの問い合わせがあったにも関わらず、わずか11件(と聞こえました。違っていたら、すみません)、姉妹犬の希望者は現れなかったそうです。

詳細はわかりませんが、“崖っぷち犬”の当選にはずれた10人のみなさんは、姉妹犬だったら、ほしくないってことなんでしょうか・・・。ワタシにはさっぱり理解できないんですが。


譲渡会の片隅で、子犬を連れた小学生がいました。マンションの空き地に捨てられていた子犬たちの引き取り手を探そうと、譲渡会にやってきたとか。3匹くらいいたと思うんですが、結局引き取られたのは1匹だったようです。犬を抱いた女の子は、泣いてました。

小学生たちが言っていました。「一度犬を飼ったら、責任をもって飼ってほしい」 

当たり前のことなのに、それをわかっていない大人がたくさんいるから、こんなことになる。そんな大人に育てられた子どもが「イジメはダメ。命は大切なんだよ」と言われて、理解することができるでしょうか。子どもの感性は、言うこととやっていることが、チグハグな大人には敏感なもの。「これは仕方ないの」と言ったところで、それは大人の勝手な都合でしかないのですから。

この小学生の子たちには、この思いを忘れずに、まっすぐ成長してほしいと思いました。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

気になるCM

ラーメンズの2人が出演している、MacのCMの、新シリーズがオンエアされ始めましたね。
ラーメンズについてはラーメンズ公式サイトをどうぞ。

ラーメンズ独特のトーンをそのままCMにしているのがミョーに目につくというか、鼻につくというか(笑)とにかく、かなり気になる存在感ある15秒です。

ワタシは基本的にWindowsユーザーのため、このCMの最初のシリーズで、マック(小林さん)がPC(片桐さん)に向かって「(あなたの名前は)ワークにしましょう!マックとワーク!」というセリフは、ちょっと面白くありません。業務用(←冷蔵庫みたい)で悪かったですね!ぷん。

新しいCMでも、ワーク(片桐さん)がやたらとフリーズして動かなくなっているようですけど、「マックの方がよっぽどフリーズしてたじゃない!ワーク、頑張れっ!」とか言いたくなります。何かあるとすぐ、爆弾とか、泣き顔でごまかしてきたくせに。ずるいぞ!マック!(笑)

ワタシの周りは仕事柄、Macユーザーが多いんですが、このCMを見るたびに、これまでにワタシが受けてきた、Macのマシントラブルによる被害が脳裏に浮かびます(涙) そう言えば、最近はそんなこともめっきり減りましたね。確かに、ずいぶん安定してきたのかもしれません。

Apple (会社名が変わったので、もうApple computerじゃないんですね)は、アメリカやヨーロッパでも、"I'm a Mac", "I'm a PC" のセリフから始まるショートコント仕立ての演出で、Macと PCの比較CM を展開しているそうです。アメリカは本当に比較広告好きですね・・・。

好き、といえば。
Macユーザーは、ホントに「Macが好きだ!」って人多いですよね。(windowsユーザーは別に好きも嫌いもないと思うんですが)うちのマルちゃんもMacを愛しているそうで、この間もApple Store Sapporoに行って、自分のAppleに対する愛情の深さを店員さんに語ってきたとか。迷惑な客ですいません・・・。

さて。
前置きがずいぶん長くなりましたが(↑こんなに長くて前置きかよっ)、ワタシが本当にお知らせしたかったのは、ラーメンズの小林さんが、「ただのいぬ。」の名付け親だということ。ラーメンズファンの方は、ぜひ「ただのいぬ。」(角川書店から文庫版が発売されています)も見てみてくださいね。
よかったらついでに、ワタシの以前のブログもどうぞ。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

【札幌】極楽湯

極楽湯に行ってきました。

天然温泉極楽湯 さっぽろ弥生店

札幌市中央区北3条西12丁目 TEL.(011)281-4126 営業時間 午前10時〜深夜12時  (受付終了:午後11時30分) 定休日 第3水曜日

この温泉も、実はうちから激近!なんですが、1年以上足が遠のいていました。久々に行ったんですけど、きっとまたしばらく行かないでしょう(笑)

なぜかは、まぁいろいろあるんですが(注:あくまでもワタシの基準です)、大きくまとめると下記3点です。

・全体的に狭い、おまけに混んでいるのでくつろげない
・内湯の一番大きい浴槽が、温泉ではない(温泉は寝湯と露天のみ)
・すべてのお湯が41度以上と全体的に熱く温度の変化に乏しい

あ、も一つおまけに、最近わかったんですが、男性用浴場にのみ電気風呂があるそうです!これは面白くありません!(笑)

もちろん、いいところが無いわけではありません。
一度しか利用したことはありませんが、極楽湯には「いたわり館」という整体コーナーがあります。(近所の競合店「北のたまゆら」にはリフレクソロジーしかありません)
また食事処も居酒屋風で、メニューは豊富。(これまた、「北のたまゆら」よりは充実していると言えるでしょう)

いいところ、すべて温泉以外ですね。。。

また1年後くらいに行ってみるとします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月27日 (土)

アカラス(イヌニキビダニ)2

今日はpeepeeちゃんのイヌニキビダニ(アカラス)の再診に行ってきました。
いつもの、北愛動物病院です。

今日で治療を始めて3週目に突入。どれだけ効果があったか、またしても皮膚細胞を採取して、顕微鏡でチェックです。

あぁ、やっぱりいました。うにょうにょした、足のいっぱいあるやつ。ううう、キモイ(涙) おまけに先生、何のサービスか知りませんけど、前回見せてもらったよりも拡大率が大きくて、ダニの形がはっきりわかりすぎです。笑っちゃうじゃないですか(涙) ただ、ダニ自体の動きは前回よりも鈍くなっているようなので、全く効き目がない訳でもないようですね。

まぁでも正直なところ、ここ一週間も相変わらず痒がっていたので、ダニ全滅・・・という期待もありませんでしたし、予想通りです。

先生から、「注射と投薬の治療を丸2週間続けても、ダニが死滅していない、ということは、ちょっと薬の効きが悪いみたいですね。」と言われました。人間と同じで、やはり個体差で効く薬とそうじゃない薬があるようです。ただダニを殺す抗生剤はこれ以上量を増やせないのでこのままもう少し続けて、かゆみを抑える消炎剤の種類を変えてみることになりました。消炎剤自体の副作用は少ないとのことでした。

来週はトリミングも予約して、ダニに効くシャンプー(薬浴)をしてもらうことにしました。効果あるといいね、peepeeちゃん!

ちなみに、以前のイヌニキビダニの日記にも書きましたが、イヌニキビダニの主な原因は、母犬から子犬への授乳時の感染(普通の健康な犬へはめったなことでは伝染らないそうです)。イヌニキビダニを発症した犬は絶対に繁殖させてはいけません。

もし繁殖を考えている方がいらっしゃったら・・・。遺伝的病気をもった不幸な子を増やさないためにも、繁殖には専門的な知識が必要です。その子自体は健康でも、隔世遺伝があるかもしれません。ブリーディングは何代も前にさかのぼって、調べる必要があるんです。決して安易に繁殖させないでください。

うちの子に発症したイヌニキビダニ、膝蓋骨脱臼は遺伝が原因と言われています。本人(犬)には何の責任もないのに、痛い(痒い)思いをしています。病院に連れて行くことしかできない飼い主も、辛いです。

ぜひよく考えてから行動してください。お願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月26日 (金)

ブームのあと

トリノで、冬季ユニバーシアードが開催されていますね。
ワタシが今回ちょっと注目していたカーリングは、着々と勝ち進んでいたのですが、準決勝でロシアに8-9で敗れてしまったそうです。おしい!

ワタシ、もともとスポーツとはほぼ無縁。以前、仕事で小野寺 歩さんとお話させていただく機会があったんですが、そのとき、気さくで明るく、素敵な小野寺さんにすっかり惚れました(笑)。小野寺さんはチーム青森を引退されましたが、以来ワタシにとっては、カーリングはちょっと気になるスポーツです。

言うまでもなく、カーリングは、前回のトリノオリンピックで人気急上昇。いまや誰もが知るメジャースポーツですよね。

しかし。
ワタシ、道新のスポーツ面でこの結果を知ったんですが・・・、記事の扱いがかなり小さいじゃないですか・・・。まぁ負けたという話なので、仕方ないか、とも思うんですけど。

昨年の暮れあたり、たしかジャンクスポーツか何かで、本橋さんがコメントしていた内容が、頭をよぎりました。

たしか、オリンピックから帰ってきて、みんながものすごく応援してくれていた事を知りとてもうれしかったけど、それが長く続いてくれないことを残念に思っている、といった内容だったかと。笑いながら話していましたが、あまりにも極端な周囲の反応に迷惑しているようでした。

偉そうなことは言えないですが、なぜこう日本人は次から次ぎへとブームにとびついてしまうんでしょうね。(ほかの国も同じなんでしょうか・・・) 

ブームにのるのは、個人の自由かもしれません。でも、もう少し、自分の目でよく見て考えてから行動できたほうが素敵ですよね。日本に限らないのかもしれませんが、スポーツもアイドルも同じように人気が出ると商売にして、利用価値がなくなったからポイ、はあんまりだと思うんです。


そして、もっと問題が大きいと思うのは、その対象が生き物の場合。

ワタシが以前から見ている、犬や猫の保護活動をされている方のブログには、センターに収容されている犬たちの写真とともに、こんなコメントがありました。

「今日もゴールデンが2匹収容されていました。ブームになった犬種は必ず収容される数が増えます」

「最近はMダックスが多くなってきました。予想した通りです」


ブームだから飼おう、飽きたから、言うこときかないからから捨てようなんて、絶対に許されないこと。全く理解できないのですが、そんな浅はかな考えの人が減らない限り、罪のない命は奪われ続けるのでしょうか。

ゴールデンは体も大きいし頭もいい分、子犬のうちはイタズラをします。Mダックスはちゃんとしつけないと無駄吠えが多くなりがちだし、ヘルニアになることも多いんです。犬はただ可愛いだけではない。犬を飼う人なら、誰でも知っていることなんです。

もし、これから犬を飼おうかと検討されている方がいたら・・・、ぜひいろいろ調べよく考え、犬を知ってから行動にうつしてください。お願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

分離不安症

うちはマンション住まい。
犬や猫を飼っているお家は、全体の3割強くらいです。(けっこう多いほうですよね?)

うちは世帯数の割にはエレベーターが多いので(将来の修繕費が心配ですね・苦)、住人同士がエレベーターに乗合わせる機会も多くありません。ましてや犬を連れた者同士で、すれ違ったこともないので、どこのお家にどんなワンちゃんがいるかもわかりません。

しかし…。
最近気になっているのは、階下の家から聞こえる犬の無駄吠え。

休日の日中、よく、下からワンワン聞こえてきます。まぁ、多少はそんなこともあるかと思っているんですが、先週末はちょっと問題アリ。きっと飼い主さんが外出していたんでしょう、夜中の12時を回っても吠えていたんです。

ワタシなんかはいいんですよ。ワン、愛してますから。多少の無駄吠えなんて、何っとも思いません。でも、飼っていない人に迷惑をかけてはいけませんよね。ましてや、犬嫌いの人にとって、夜中に犬が吠えつづけるなんて最悪でしょう。

きっと分離不安症だと思うんですが、万が一その犬の症状が留守中の無駄吠えだけだとしたら、飼い主さんは気づかないのかもしれませんね。

症状について知りたい方は、こちらをどうぞ。
アイリスペットどっどコム 分離不安症とは

いろいろ調べて、自分で対処するのもいいですが、しつけ教室やカウンセリングに参加、または病院で相談してみるのもいいと思います。

うちは、落ち着きがないという理由で、一度しつけ教室に行ったところ、ずいぶん変わりました。(飼い主が?・笑) おかげさまでpeepeeさん、何かほしいときには、自分からお座りをする「考える犬」に近づきました。


無駄吠えワンコについては、今度また吠えていたら、どこの家かを特定して、こっそりお手紙でも入れておこうかと企んでいます。マンション全体で犬禁止!なんてことや、そこのお家の犬が不幸なことにならないためにも、ワンを愛する者としては、お知らせしたほうがいいかなと思うんです。(嫌がられるかなぁ…笑)

ちなみにうちのpeepeeちゃん、マルちゃんとワタシが二人で出かけるときは、気配を察知して、やたらと後を付いてまわりますが、朝、ワタシが出勤するときは、ほとんど知らんぷり…。これでいいよーな、モノ足りないよーな…複雑な気持ちです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (2)

2007年1月24日 (水)

お祖父さん・お祖母さんとコミュニケーションを!

今日も札幌市動物管理センターには5匹の収容犬がいます。

ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテン、シェルティ、MIXと、大・中型犬ばかりです。22日に捕獲されたMIXの子は、車に轢かれたのでしょうか。前足に包帯を巻かれ、エリザベスカラーをつけています。

せっかく手当てしてもらったのに、飼い主が現れなかったら…。ひどいですね。この子たちは、なぜこんな目にあわされてしまうのでしょう。全ては人間の勝手な都合でしかありません。

大型犬やMIXは、まだまだ外で飼われていることも多いかもしれません。特に、飼い主さんがお年をめしている場合は、その可能性も高いかと思います。

もしも、このブログに来てくれた方のお祖父さんやお祖母さんが犬を飼っていらしたら、ちょっと声をかけて、様子を伺ってみてください。

残念な話ですが、犬を飼えなくなった」とセンターに連れてくるのは、若い方よりはお年寄りに多いと聞きました。CX系『特ダネ!』で特集していましたが、老人ホームに入るのに連れていけないから…」と飼育放棄する人が多いそうです。ホームに入るという理由以外でも、自分の身体に自由が利かない状態で、散歩が必要な犬を飼いつづけるというのは大変なことなのでしょう。若い人よりも、お年寄りのほうが諦めがいいというのか、“仕方ない”という考えが強いので、簡単に放棄してしまうのかもしれませんね。(だったら、最初から犬を飼わないでほしい・・・というのが本音ですが、現状は誰でも犬を飼う権利があるのですね)

お年寄りに考えを変えてもらうのは大変なことですよね。犬や猫の命を真剣に考えてくれるお年寄りは、多くないかもしれません。気づいたら捨てていた、なんてことにならないためにも、こまめにお祖父さん・お祖母さんとコミュニケーションをとって、ときには飼育のアドバイスをしてあげてください。愛犬家のみなさん、ぜひお願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

犬のいびき

今日の札幌は久々の大雪でしたね。
今年の異常なまでの暖冬に、地球温暖化の恐怖を感じていたワタシとしては、ちょっとうれしくなってしまいました(笑)
これなら雪まつりも、なんとかなるかもしれませんね。

実は、今日は特にネタがありません・・・(笑)
でも犬に関するアクセス数を増やすためには(←打算的でイヤですね~)、関連するページを増やさなければいけない!のはSEO対策の基本ですね(笑) そこで特別に、とっておきの画像を公開します。

0009_001うちの娘の、愛くるしい昼寝姿です(注意:虐待の画像ではありません・笑) もしよければ画像をクリックして、拡大して見てみてください。微妙に黒目が出ていて、かなりヤバイです。

peepeeちゃん、ヘソ天で寝ると、たいてい薄目があいてしまいます。
画像でお伝えできないのが残念ですが、けっこうイビキもかきます。シーズーやパグなどマズルの短い犬には多いようです。

イビキ自体は特に珍しいことではありませんが、あまりにもいろいろ、音が変わるようだと要注意だと本で読んだことがあります。

またマズルの短くない犬がイビキをかく、年をとってから急にイビキをかくなどは、呼吸器系の病気が疑われるため、受診・検査をしたほうがいいようです。

それにしても。
この写真の、peepeeちゃんの下の布もかなりヤバイですね~。こんなのアップしていいのかなぁ。趣味の悪い、うちの母からもらったんです(←いい訳がましい) あしからず。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (2)

2007年1月22日 (月)

ペット保険

うちのpeepeeちゃん、アニコムのペット保険に加入しています。

実はあまり調べることもないまま、念のためと思い入ってしまったんですが、結果的には入っておいてよかった(=元はとった←言い方が悪いですね)です。

ご参考までに、うちの場合。
掛け金は年間21800円。(地域・犬種により料金は違うようです。1カ月100パーセント保証のプランに入りました ※もちろん予防接種、避妊・去勢手術、健康診断などは対象外です)

病院代は、まずうちへ来て早々に下痢(噴射!するほどすごい下痢でした・・・)、そして咳。検査・お薬等で1万円。
その再診が2回で、合わせて9千円。
1カ月で合計19000円かかりました。

購入(加入)から1カ月以内にかかった分=全額保証期間でしたので、すでにこの時点で、保険料はほぼペイしたわけです。

それからも、膝蓋骨脱臼※になるわ、鼻涙管がつまっているのか涙は出るわ、最近ではアラカス(イヌニキビダニ)までみつかって、現在は毎週通院。全額保証期間がすぎると、あとは半額保証となります。半額になってからも、保険で負担してもらった額は軽く1万円を超えています。

ちなみにこれまでの自己負担額は、予防接種(市への登録含め)やフィラリア、グルコサミン等を含め、3万円以上。※膝蓋骨脱臼の治療としてグルコサミンを飲んでいますが、これは栄養補助食品のため保険対象外です

これから犬や猫を飼おうと思っている方に、経験者として言わせていただけるのなら・・・動物にはお金がかかる、ということを理解してください。(うちはちょっと、かかりすぎですけど)

家族である犬や猫に対して、お金を理由に治療してあげられないことほど悔しいことはありません。だからといって、無制限にお金を出せるわけもありませんね。

ワタシは20年前、うちのマルチーズの病気を知りながら何もしてあげられなかったことを、今でもとても悔しく思っています。治療しても完治させられたかどうかはわかりません。その頃はお金の問題もさることながら、動物の医療機関も少なかったので、やはりどうすることもできなかったかもしれません。

ただそうした経験からワタシが思うのは、お金がかかるということを理由に治療を施してあげられないのなら、その人は動物を自分で所有するべきではないということ(よほどの高額な治療が必要な難病は別かもしれませんが)。相手が生き物である以上、責任をもつということは、金銭面の負担も重要な意味をもっています。現に、病気が原因で捨てられたと思われる子は、たくさんいるのです。(そんな飼い主は、動物を飼う資格なしです!)

ワタシはまだまだ勉強不足なので、いいとか悪いとかはまだ言えないですが、お金持ちではないうちにとって、ペット保険はありがたい制度であることは確か。(アニコムに関して言えば、ペットショップとのパイプが太そうなのが、ちょっと気にかかりますが・・・)
ただあくまでも共済制度ですから、うちのようなのばかりだと破綻してしまうかと・・・いったいどのくらい、病院からのバックや広告などの副収入があるんでしょうね(苦笑)うまく運営してもらいたいものです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (2)

2007年1月21日 (日)

犬の遺伝的症状、ペットショップ選び

今日はpeepeeちゃんの再診です。

今いちばんpeepeeちゃんを悩ませているのが、イヌニキビダニ(アカラス)。
先週日曜から一日2回のお薬と、1週間に一度の注射に通っています。

「だいたい4〜5週間くらいかかりますから」と最初に先生から言われた通りで、1週間の服薬ではさっぱり良くなりません。かわいそうなpeepeeちゃん(涙)しばらく我慢です。

膝蓋骨脱臼は、グルコサミンを飲み続けて1ヶ月くらい経つでしょうか。だいぶ脱臼はなくなっていたんですが、ダニのかゆみから足であちこちを掻きまくり、それで脱臼してしまう、というなんとも皮肉な状況。治せるものから順番に治していくしかありませんね。

うちのpeepeeちゃんは、札幌市北区に本店のある大きいペットショップ(頭文字はT)からやってきました。もともとは、富良野のブリーダーさん(詳しくはわかりませんが、いろいろな犬種の繁殖を行っているようです)で繁殖された子です。

はっきりとしたことはわかりませんが、イヌニキビダニ※も、膝蓋骨脱臼も、遺伝が原因である可能性が高いと言われています。※イヌニキビダニは、母犬から感染する可能性が高いそうです

あくまでもワタシの思っていることですが、しっかりとした知識をもって繁殖に取り組んでいるブリーダーさんのところの子であれば、peepeeちゃんのようなことにはならないのではないでしょうか。peepeeちゃんのブリーダーさんは、しっかりと血筋の遺伝的性質を調べ、親犬の健康管理をした上で繁殖しているのでしょうか。またTは仕入先であるブリーダーさんに対して、どういった指導・管理を行っているのでしょうか。非常に疑問です。

ワタシの知り合いで、厚別区のペットショップ(頭文字はF)から、キャバリアを迎えた方がいます。Fは生体展示販売をしていないことで有名なお店。まずお店のご主人が「犬を買いたい」という方と生活環境などについて話し合い、その方の生活に適したを犬種を選びます。その後、その犬種のブリーダーさんに声をかけ、出産を待つ、というシステムだそうです。

お店のご主人がショーのハンドラーをされているそうですので、売られる犬もチャンピオンの血統が多く、ほかのペットショップよりは値段がはります。でも、そのキャバリアには特に目立った病気や症状は出ていないそうです。

うちのpeepeeちゃんは10万円以下でしたが、これまでの病院代や通院にかかった時間、心配などの気苦労を考えるとどうでしょう。お金で比べらることではありませんが、やはり健康が一番ですよね。

Tや富良野のブリーダーさんを、どうのこうのというつもりはありません。
peepeeちゃんと出合えて本当によかったと思っています。

ただ。
これから犬を買おうと思っている方には、これ以上不幸な子を増やさないためにも、また健康な子を手に入れるためにも、しっかりとしたブリーダーさん、または、Fのような生体展示を行わないお店から犬を買われたほうがいいのではないか、ということをお伝えしたいです。(本当に犬が好きな方は、ぜひ、保健所や譲渡団体からの引き取りを検討してください)

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

サッポロファクトリー満喫☆2

ワタシには、一つお気に入りをみつけると、ついそれを繰り返してしまう習性があります。

またしても行ってしまいました。(2007年1月7日の日記)
トラットリア・ピッツェリア テルツィーナ

今日の内容は前菜と、前回もいただいた忘れられない味「新冠産三元豚と野菜のスパゲティー テルツィーナ風」を再度オーダー。このパスタ、本当にお気に入りです。例えるなら、極上の塩ラーメン風味?(お店の人が聞いたらお怒りになるでしょうか・・・笑) こんな当てにできないコメントしかできません。もし興味を持たれた方がいらっしゃったら、ぜひご自身の舌でご確認ください。

そしてもう一品が、本日の主役!「じゃがいものニョッキ 手長エビソース」をニョッキ→ペンネにアレンジしてもらいました!なぜペンネにしたのかといいますと、それは、こちらのシェフが以前“タベルナラピアッツァ”にいらっしゃったと聞いたので。

タベルナラピアッツァで、ワタシが一番美味しい!と思っているのが「手長エビソースのペンネ」。ぜひ、どう違うのか試してみたい!と思い、同じペンネにしてもらいました。

さて、お味は。
もちろんピアッツァと同じ味ではありませんでした。テルツィーナのソースのほうが、ちょっとトマトの甘みが強いでしょうか。パンチのある味(←ほめてます)で、これまたかなり美味しかったです。

あぁ、次はいつ行けるか、待ち遠しいです。


お腹を満腹にしたあとは、脳に刺激を与えるため、お決まりの映画鑑賞へ。
ラッキーナンバー7(LUCKY NUMBER SLEVIN)です。

今回も、マルちゃんがちゃっかり前売りを買っていた、という理由で、何の情報も入手せずに行きました。アホなワタシはなぜか、「オーシャンズ11」じゃないけど、7人で何かするのか?くらいに思っていました(笑)全然ちがいました!すっかりやられました。満足しました。

でも、これから観る方のためにも、これ以上は書けませ〜ん。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

O型メール返信遅すぎ説

久しぶりに、「THE BLOGGER'S NEWS」を見てみたら、なんと

第3位 Ameba News|O型の人はメールの返信が異常におそ過ぎ説が話題に(58)

だそーです。全国のO型のみなさん、オメデト~(笑)

O型って、なんでも円満にまとめようとほかの血液型にあわせてしまうためか、あんまり話題にのぼらないじゃないですか。こんなに注目されるなんて・・・なんだかちょっと嬉しい☆

そうです、ワタシはO型の女なんです。

じゃあメールの返信が、異様に遅いか?と聞かれると・・・どうでしょうね。以前は気づくと即座に返信していたけど、peepeeちゃんがうちにやってきてからは、確かに遅くなったかな。年をとるごとに、大切なものが増えていくので、時間が足りないのですよ(笑) 

ワタシはワリと人の血液型を当ててしまうほうなので、血液型と性質は全く関係ない、とは思っていないんですが、何型だろうと輸血でもしない限りはどーでもいいことですよね。

「BLOGGER'S NEWS」のコメントをみてみるとO型からの反論も多いようですが、証明できる話でもないので、別にどうでもいい様子。この話題、長くは続かないでしょう・・・。しょせん協調性がウリのO型なんて、目立たない存在ですから(笑)

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (2)

札幌・美味しいケーキやさん

最近、大丸札幌店の地下食料品売り場に出店した「l’Oli Oli(ロリオリ)」というケーキ屋さん。先ほど会社で、そちらのケーキをいただきました。(写真でも撮ってアップすればよかったんですが…もうワタシのお腹のなかです)

イチゴがのった生クリームでコーティングされた、チョコレートスポンジのケーキ。
お、美味しい…。甘すぎず、コクのあるクリーム。スポンジもかなりいい感じ。

ケーキの下にひいてある紙(←すみません、何ていうのかわかりません)を見ると「Anniversary」と。よくよく箱を見てみると「ロリオリby Anniversary」と書かれたシールが貼ってありました。

「Anniversary」って、ひょっとして、あの「Anniversary」の姉妹店か何かですか???

ワタシの言う「Anniversary」とは、東京青山・早稲田にお店をもつ、有名な洋菓子やさんで、2~3年くらい前に札幌にも出店しています。ここのケーキはとても人気があって、ワタシもお気に入りです。

Anniversary

札幌市中央区北1条西28丁目
TEL: 011-613-2892
月曜、第2火曜日定休
営業時間:10:00~20:00

本当に姉妹店なのかどーか。HPを見ても何も書いていなかったので、真相はわかりません。今度、自分で大丸に行って、確かめてきます。※違っていたら、この記事は後日こっそり削除するとしよう・・・笑


追記)お店で確認してきました。やっぱりAnniversary(アニバーサリー)の姉妹店とのこと。商品は大部分が違うそうです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

いい人も犬を捨てる?

これ、実話です。(5年くらい前ですが)

ワタシの友人Mちゃん。会社の先輩に「犬がほしいから、一緒に見にいってくれない?」と誘われ、市内のペットショップへ。そこで“豆柴ちゃん”に一目ぼれし、即日お買い上げとなりました。先輩はとても喜んで帰っていったそうです。

ところがそれから数日後…。
「とにかく暴れてすごいの。全然言うこと聞かないし、いたずらし放題で。(中略)もうノイローゼになりそう!Mちゃん、代わりに飼わない?ダメなら少しでいいから預かって!」と、先輩は半ば強引に豆柴ちゃんをMちゃんへ。が、一人暮らしの彼女も飼えるわけはありません。数日預かった後、彼女は先輩に豆柴ちゃんを戻したとのこと。

その後、先輩は「急に転勤が決まってしまって」とか何とか、わざわざ言い訳まで考えて、ペットショップへ豆柴ちゃんを返しに行ったそうです…。

この話を聞いたときは…ただただ呆れました。(先輩は言うまでもなく、そんな先輩をとめなかった彼女もアホです。そしてこの犬を売ったペットショップは最悪です)

ペットショップの狭いケージから解放された豆柴が、家にやってきたらどうなるか。犬のことを知っている人なら想像のつくことです。何の知識もないまま購入し、数日で「ノイローゼになりそう」なんて…、先輩が犬を飼っちゃいけない人だというのは言うまでもありません。

ただ、この先輩、ちょっとクセはあるけど、会社では責任をもって仕事をするいい人だそう。これまでに捨てられ命を失っていった犬や猫たちの飼い主も、会って話せばただの“いい人”にしか思えないかもしれません。

残念ですが、動物の命を大切にできない“いい人”が日本にはたくさんいます。だから、年間16万匹もの犬(猫はもっと)が殺処分されてしまう。衝動的に犬や猫を買い、簡単に放棄する-こんなことができてしまう今の日本の法律も、動物の命を大切にできない“いい人”をつくってしまう日本の教育もオカシイと思います。

オカシイ、オカシイ…と言っているだけでは何も始まりませんね。でも、日本では誰でも犬や猫を飼うことができますし、それぞれの飼育状態について他人がとやかく口を出すのも簡単ではありません。

この状況を少しでも改善するために、できることってなんでしょうか。

いろいろあると思うんですが、とりあえず簡単に始められることとしては、例えば、犬や猫のことを話題にしていく、ということ。虐待願望のあるような特殊な人は別ですが、相手が“いい人”なら、考えてもらうきっかけになるかもしれません。

いきなり「年間16万匹もの罪のない犬が処分されている」と話題にするのは難しいですね。でも、「ペットショップで生後1~2ヵ月の犬が売っているけど、あれは犬にとって良くない」とか、「犬は群れをつくる性質があるから、飼い主と一緒にいたい」とか、犬を理解してもらうための話をするなら、不可能ではないですよね。

そこから会話が発展すれば、あとはこっちのもの(笑) 犬と暮らす上でのいいことだけじゃなく、病気や問題行動についてや、しつけには根気が必要なことなどもしっかり話せると、より効果があると思います。とにかく話題にして、興味喚起することが大事。(猫派の方は、ぜひ猫について大いに語ってほしいです) ただあまり一方的に熱く話すと、単なる犬好きの変人だと思われるので注意です(笑) 気長にいきましょう。(と、自分に言い聞かせています・・・)

考えるきっかけさえあれば人は変われる、と信じて、まずは自分が行動すること。微力ですが、あきらめずに続けていきたいですね。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火)

ヨークシャーテリアが人気?!

「アメリカで、ヨークシャーテリアの人気がアップしている」というニュースをみました。

以下、ニュースを要約すると・・

「米国ケンネルクラブ」発表による2006年に人気のあった犬ベストテンで、ヨークシャーテリアが3位から2位にアップしたとのこと。ヨークシャーテリアはお金持ちや芸能人などのセレブに人気があるそうです。

1位はラブラドールレトリバー。
温和で訓練しやすいことから人気が高く、昨年の登録は全体の約14%に当たる12万4000件近くに上り、約4万8000件のヨークシャーテリアを大きく引き離して16年連続の首位に。

3位は知能の高いジャーマン・シェパード。

以下、ゴールデンレトリバー、ビーグル、ダックスフント、ボクサー、プードル、シーズー、ミニチュアシュナウザー。

過去10年間の傾向では、現代の慌ただしいライフスタイルにふさわしい、持ち運び可能な小型犬を好む飼い主が増えている、と書かれていました。


さて、ここからはワタシの見解。
愛犬家が増えるのは結構なことです。
ただ、こういう記事を見ていつも思うのは、人間に都合のいい話ばかりで消費者をあおらないでほしい、必ずペットブームに潜む不幸な犬たちの現実にも触れてほしいということ。

例の、消費者金融のCMでチワワ人気が爆発したように、安易に、次はヨークシャテリア!なんてことにならないでほしいのです。

「うちでは飼えなくなった」と、札幌市動物管理センターへ持ち込まれた犬は313匹、猫は2,399匹。市内で抑留された犬は487匹ですが、うち飼い主が引き取りに来たのは49%ですから、残り半分は結果からみると「捨てられた」ということになります。
(数字は、札幌動物管理センターの平成17年度報告書から引用しています)

センターのホームページには、今日も13匹もの収容犬情報がアップされています。アメリカで人気1位のラブラドールはなんと3匹!シーズーもいますし、確か昨日まではミニチュアシュナウザーもいたはず。ほかにもジャックラッセルダックスなど人気の犬種がたくさんいます。MIXにせよ純血種にせよ、家族の一員をその辺に捨てるなんて、全く理解できません。

犬はただ可愛いがるだけでは、トイレを覚えたり、おすわり・マテができるようにはなりません。これらは、人間と犬が一緒に生活するために、人間が決めたルール。

「温厚でしつけのしやすい人気No1のラブラドール」だって、ちゃんとしつけをしなければ、体が大きい分だけ、扱いに困ることになります。可愛いと思って買ったけど、言うこときかないから捨てるって、そんなバカな話はないでしょう。(じゃあなんで捨てるんだろう?と思うんですが、どんな理由があるにせよ、その辺に捨てるなんて、やっぱり全く理解できません)


何かの縁で奇跡的(笑)に、このブログにたどり着いてくださった愛犬家・愛猫家の方。
これから犬や猫を飼おう!と検討中の方が周りにいらっしゃったら、ぜひブームにおどらされることなく、現実をしっかりと考えたうえで、犬や猫との生活に踏み切ってもらえるよう、適切なアドバイスをさしあげてください(一度も動物と暮らした経験のない人は、悪気がなくても、おかしなことをしてしまいがちです!←あくまでもワタシの知る限りですが)。

老婆心かもしれませんが、その一言が不幸な犬猫たちを減らすことにつながる、とワタシは信じています。ぜひよろしくお願いします。

最後に。
ネットで安易に犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (1)

札幌【温泉・銭湯】プラウブラン

昨日は仕事でいろいろあって、夕方にはす〜っかり心身ともに無気力状態。
そういえばお正月休みが明けてからというもの、めっきりエンジンのかかりが悪いし、これじゃダメだわ〜と、18時には会社を脱走。自分に栄養を補給するため(ムダに補給しすぎかも…苦)、JRタワーホテル日航札幌のスパへ行ってきました。

スカイリゾートスパ「プラウブラン(月の島)」

サイトで紹介されていますが、2月末までの月〜木曜限定で、スパと食事とマッサージなどがセットになったおトクなプランがあります。マッサージなどがつく関係上、要予約です。(ワタシは行く直前に予約しましたが、OKでした)

プラウブランへはもっぱら仕事帰りに寄ることが多かったのですが、peepeeちゃんを迎えてからは一度も行っていなかったので、1年ぶりくらい。

ちょっと驚いたのは、スパ内の北向きの窓に、全て、以前はなかったブラインドがかかっていたこと。22階の景色を愉しみながらスパに入る、というのがこの施設のウリだったはずなのに〜。札幌駅北口にできた高層マンションのせいですね。まぁ丸見えになっては困りますから仕方ないけど、これはイタイです。

ここでワタシが一番気に入っているのは、マッサージバス「カルニア アイル」。 “打たせ湯”みたいなものから、高さの違う水圧の高いマッサージなど、5種類くらいのアトラクションで構成されているんですが、なかなか心地よいです。

ふつうのサウナもありますが、ワタシは「テルマリウム」というアロマテラピー効果を取り入れたスチームサウナが好きですね。昨日はラベンダーの香り。たっくさん吸い込んできました。

実際に温泉をひいているのは主浴槽だけで、その温泉もあんまり“温泉っぽくはない”ですし(あくまでもワタシの主観デス・笑)、全体的に規模も小さいです。でも札幌駅に隣接した施設だと思えば上出来。やはりこの場所にあることに価値がありますね。4〜5時間くらいゆっくりできるなら、充分2,800円の元もとれるかも?!

ちなみに、ワタシの今回利用したプランは、60分のマッサージとご飯などがついて8,500円ですから、けっこうおトクです。ただしご飯は“ヘルシーミール”ということで提供されているものなので、あまり期待しないほうが…苦笑。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月14日 (日)

アカラス(イヌニキビダニ)

なぜ人は、面白くないのに、笑ってしまうことがあるのでしょう?

都合の悪いとき、ややショックなときなんかは、笑いでごまかしているんでしょうかね?そういえば最近の若い女の子(って、表現が完全にオバサンだわ)も、何かとすぐ「ウケる〜ウケる〜」と言いますが・・・それはちょっと違いますかね。友人には、精神的に辛いとき、お酒がはいると、泣きながら笑ってる器用な人もいますね。

ワタシは気持ち悪いものを見たときに、ついつい笑いたくなることが多いみたいです。笑いでショックをごまかしているんでしょうか。それとも脳が、「ショック」と「笑い」のスイッチを押し間違えるんでしょうか。今日、動物病院の顕微鏡とつながれたモニターでpeepeeちゃんの皮膚細胞をみたときもそう。ただただ、笑いをこらえるのが大変でした。アホな飼い主ですね・・・。

12月中旬ころから、もともと赤かったpeepeeちゃんの口の周りが、より赤みを増してきました。年末にお尻のできものを診てもらったとき、先生から「この子はちょっとアレルギーのけがあるので、おやつをやめてみてください」と言われ、これもアレルギーかな?と様子をみることに。

犬用せんべい→ガム→さつまいもおやつの順に、中止。(どれに原因があるか診るため、4〜5日間隔で、それぞれ中止していきました)

しかし。
良くなるどころか、ふと顔をみると、口の横に小さなハゲ発見!鼻や口の周りも赤く、やや盛り上がり、毛が薄くなってきました。ますますひどくなっている。そういえば、前脚もよく掻いているし、ところどころ毛が薄くなってきている様子。膝蓋骨脱臼の再診ついでにと、今日は朝から病院へ行ってきました。

peepeeちゃんの皮膚を、先生がマドラーみたいので“きゃりきゃり”と、ちょっとひっかいて、それを顕微鏡とつながっているモニターで見ると、そこには、“うにょうにょ”動くものが・・・。

「この動いてるの、わかります〜?これ、足ですよ、気持ち悪いでしょ〜」と先生。
皮膚のいろいろな細胞らしきものに混じって、ちょっと細長いアメーバにたくさん足のついたようなのが、たっくさんいるじゃないですか(涙)

ひょえ〜、きしょい!きしょすぎる!もう笑いしか出てきませんでした・・・。
ワタシは何度、あの“うにょうにょ”のついたpeepeeちゃの顔とスリスリしていたんだろう(涙)

「イヌニキビダニ」というものを初めて見ました、知りました。

「イヌニキビダニ」は、犬だけに寄生するダニ。(ちなみに、ネコにはネコニキビダニというのがいるそう)
人には伝染らず、常住している犬も少なくないそうですが、何かの拍子で、免疫が下がっていたりすると大量に発生し、悪さをするらしいのです。その「何かの拍子」というのが、発情期。まさに、うちはドンピシャという訳です。

P_WELL のアカラス(ニキビダニ症)のページ
http://www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-akarasu.html

治療法の確立している症状なのでそれほど心配ないとのことでしたが、うちは投薬と、週1回の注射に通うことに。「4週間くらいはかかる、と思ってください」と言われました。保険に入っておいたのでよかったけど、peepeeちゃんには本当にお金がかかりますね。飼い主に似たんでしょうかね。

※イヌニキビダニも、通院している膝蓋骨脱臼も遺伝(イヌニキビダニは母イヌから伝染)の可能性が高いと言われています。子犬を飼いたいと思っているかたには、ぜひ親犬を見てから飼うことをお勧めします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

動物園と動物のテーマパークのちがい

最近ワタシが考えているのが、動物園と動物のテーマパークのちがいについて。

動物のテーマパークといえば、昨年の「広島どっぐパーク」の破綻が注目されましたが、まだまだ全国にも同じ様な施設がたくさんあります。北海道にも老舗的存在の熊牧場とか、最近もサファリパークみたいなのもできましたが、儲かっているようには思えませんよね。
一方の動物園は、旭川の旭山動物園が独自の展示方法をあみだし言うまでもなく大盛況。上野動物園のカンカン・ランラン以来の(あ、年ばれる・・・)注目の的。全国的にも動物園ブームだそうです。

先週、旭山動物園を特集した番組の再放送がオンエアされていました。

そのなかで気になったのが、今や旭川一の有名人とも言える、動物園の獣医さんでもある板東さんの、以前の旭山動物園に関するこんなコメント。
「お客さんが、あんな狭いオリに閉じこめられて動物が可哀想と話しているのが聞こえたんです」

ワタシも以前は動物園に行くとよく、「あんな狭いところで、人に見られて一生を終えるなんて、あんまりだ」と思っていました。

でも。
今になって考えるのは、本来あるべき姿で動物たちが安全に暮らしていける場所が、どれだけあるのかということ。

そもそもは、人間が地球を人間だけが暮らしやすい環境にしてしまったことが問題ですが、急に戻そうといってもそうはいきません。先進国の犠牲の上、発展途上にある国だけにそれを強要するのも、あまりにも勝手な話ですし、日本国内に限っても現実的には難しい状況。すべての問題を解決するには、世界が平和で平等で豊かになり、すべての人が人間以外の幸せについても考えられるようになるしか道はない気がしています。

世界中の心ある人たちが人間と動物の共存を模索している現時点では、動物園は「ノアの箱船」的役割をもった存在なのかもしれません。

ただこれまでの「オリにいれておきさえすればいい」という状態は、人間のエゴでしかなく、それを変えたのが、努力と工夫を重ねた旭山動物園の方々だと思います。
「動物の本来あるべき環境に近い環境をつくることで、動物の活き活きとした姿がみられる。それがみんなが見たい、動物の姿。寝てばかりの動物ではない。」
考えてみれば当たり前のことですが、これに最初に気付いて行動できた旭山動物園はすごいです。

ちょっと話がそれましたが、何が言いいたいのかというと、
「動物園にせよテーマパークにせよ、動物本位に物事を考えられない施設は同じ※。動物を扱う資格がない」ということ。※扱う動物によって、関わってくる法律は違います。また、動物園の場合は破綻しても動物を放棄し、餓死させてその辺に埋めたりはしないと思いますが。

犬や猫を飼えない家庭の子どもたちが、犬や猫と触れあう機会をもつためにも、動物のテーマパークはあっていいと思います。動物との触れあいがなければ本当の動物好きにはなれませんし、また動物好きでなければ、人間のことしか考えられない大人になってしまいますから。

ただ、問題は施設の側。
動物が口がきけないのをいいことに、お金儲けしか考えないから、広島のようなおかしなことになってしまう。本来の犬の性質を考えた、犬も幸せに暮らせるテーマパークは不可能ではないと思うんです。犬ははるか昔から、人間のパートナーだったのですから。(猫もパートナーですが、猫の場合はいろんな人に触られるのは迷惑だと思う子が多いかもしれませんね・笑)

動物については、人それぞれ考えが大きく異なりますよね。それを安易に「それぞれの常識の範疇で任せてしまう」ことは危険だと思います。(個人的には、世の中の動物を扱う商売は、すべて公営にしてしまえ〜!と本気で思っているのですが、日本が社会主義にでもならない限りは無理でしょう) やはり、法律で規制するしか道はないと思います。一日も早く、動物に関する法律がもっともっと整備されることを祈り、話せない動物たちの代わりに声をあげていくしかありません。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

ペットショップで犬を買おうと思っている方へ

ペットショップにいる犬たちは、どこからやってくるか知っていますか?

ペットショップ自身でブリーディングを行っているところもありますが、大手の大部分は個人ブリーダーや、こんないいかげんな(昨日のブログご参照ください)ブリーダーからも、犬を安く仕入れます。

ペットショップに行ったら、ぜひ
ケージに貼ってある「犬種と値段の書いてある紙」の裏側を見てみてください。

札幌市内の大きめのペットショップでは、たいていその紙に、その子を仕入れた先が書かれています。「山田」とか「sasaki」とか、おもむろに個人名と思われるものがたくさんあります。(めくっているところをお店の人に見られると、同業者と勘違いされてイヤな顔されます・笑)


昨日のブログに書きましたが、うちのpeepeeちゃんもいろいろな、遺伝?と思われる症状があらわれてきています。親犬、そのまた親犬たちが健康なら、こんなにいろいろな症状がでることはないでしょう。

ペットショップで小さなケージにいれられ、「ここから出して~」と飛び跳ねている子を見ると、何とかしてあげたい!と思いますよね。でもその子がいなくなると、次の子が結局そこに入れられてしまう-ペットショップは、永遠にその繰り返しです。


ですから、どうしても子犬がほしい方は、親犬を見ることのできる、犬を大切にしているブリーダーさんのところから購入してください。でも出来るかぎり、動物管理センターからの引き取りで、命を救ってほしいというのが本音なんですが…。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

大阪で、ブルセラ症の集団感染

またしても、いいかげんなブリーダーによる事件が明るみにでました。
以下、事件の概要ですが
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

大阪府の繁殖業者の犬がブルセラ症に集団感染

大阪府和泉市の繁殖業者が犬たち260匹を自宅で飼育。経営難に陥り所有権を放棄し、動物愛護団体の手を借りていたようですが、通報を受けた府が立ち入り検査を行ったところ、「ブルセラ症」に集団感染していたことがわかったそうです。
「ブルセラ症」は流産や死産を繰り返すのが特徴。(まれに人間にも感染するそう)
繁殖業者が11月に48匹を動物病院に連れて行ったところ、うち19匹がブルセラ症と診断されたため、「他の犬とは隔離していた」と言っているそうですが、実際は怪しいようです。府では、今日から全頭の血液検査を行っているようです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

自宅で260匹って、これまたすごい数ですね。見分けつくんでしょうか?管理しきれない→近親交配も疑わしいですね。どんな大きな自宅なんでしょうね…。

生き物は当然病気になりますし、当然万が一のときには、それなりのお金がかかるもの。わかっていながらこんな簡単に経営難に陥り、あげくのはてに所有権放棄って・・・、事業主としてもダメな人ですね(苦)

こんな事件を耳にするたび、考えてしまうのは、うちのpeepeeちゃんの「north land shimaya.jp」さんのこと。検索すると、こちらの出身のワンちゃんの情報はでてくるんですが、ここ自体のことはよくわからないのです。

peepeeちゃんの膝蓋骨脱臼は、遺伝の可能性が高いといわれています。(子犬のときから、重心のかけ方がおかしかったので) また最近は、皮膚疾患が目立ってきました。アレルギーもあるみたいです。peepeeちゃんと会えたことに後悔はありませんが、すべての犬を愛する者の行動としては、ペットショップから購入したことは間違いだったと思っています。

犬の病気の大部分は遺伝だと言われています。特にブームになった犬は無理に繁殖させられますから、異常が出やすいと言われています。

どうしても子犬がほしい方は親犬を見ることができる、ちゃんとしたブリーダーさんのところから購入してください。でも出来るかぎり、動物管理センターから、人間に運命を翻弄された命を救ってほしいというのが本音なんですが…。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

化粧品と動物実験

なにごとも、時代のブームにのるのが2,3歩遅れてしまうワタシ。ここ1年くらいハマっているのは、遅ればせながら「通販」です。(ちなみに服は大失敗!することが多すぎるので、買いませんけどね…)

リピーターになっているのは「オルビス」と「DHC」です。ベタですね…

昨日は「オルビス」で化粧水やクレンジングをオーダー。低価格な上、購入額に応じて商品券などがもらえるため、母や妹の分と合わせて、まとめ買いです。

ちなみに、最近一番のヒットは、「DHCのオニオングラタンスープ」。インスタントとは思えないほど、上出来な一品です。今日も5箱!頼んじゃいました~。←かなり満足げ。


「オルビス」も「DHC」も、何より気に入っているのは、企業姿勢。環境に配慮していること、そして動物実験を行っていないことです。

イギリスなどヨーロッパでは法律で動物実験を禁止している国も多いので、名のある海外ブランドの大部分は動物実験を行っていませんが、日本の企業の多くはそうではありません。資生堂などでは「動物実験の代替法」に取り組んでいるようですが、世界に比べれば、まだまだ立ち遅れているのが現状です。

「スローコスメ・無添加化粧品コレクション」
化粧品動物実験について

↑こちらが非常に分かりやすいです。動物実験を否定する企業名がのっています。(百貨店の1Fあたりに入っている日本の有名な化粧品メーカーの名前は、ほとんどありません

ウサギやモルモットたちに、どれだけ点眼すれば目がつぶれるか、どれだけ服用させれば死んでしまうか-そんなことを繰り返して販売された化粧品なんて、ほしくありません。医薬品なども同じことが言えるのでしょうが、これは不可欠なのでしょうか?現状がワタシにはよくわかりません(ドイツでも、医薬品の実験のためビーグル犬が使われていると聞いたことがあります)。

少なくとも化粧品には動物実験の必要はない!と思っています。

いったん敷いてしまったレールを敷きなおすのは大変なことかもしれませんが、悪しき習慣は早々に撤廃してほしい。わかっていながら環境や動物に負荷をかけ続ける企業からは、「企業責任税」とか名前をつけて莫大な税金をとればいいんですよ。そうしたら、みんな必死になって改善するのでしょうから。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

トラックバックについて

多分ワタシのような人はたくさんいると思うんですが、このブログを始めて
一番最初についたトラックバック(以下、TB)は、ア○ルトサイトでした・・・。
もちろんタイトルからはよくわからなかったので、開きましたとも(笑)
「げっ、なんだこりゃ?」と、あわてて閉じました。
最近ではめっきりなくなりましたが、ホント気分良くないですよね。

TBお断りのサイトもあるようですが、何事も経験!ということで、
ワタシはOKにしているんですけど、ワタシ自身はまだTBしたことはありません。
というのも、TB自体の意味をちゃんと理解していなかったので。

今日、調べてみて初めて知ったんですが(遅っーい)、
TBとは「自分のサイトに、あなたの記事をリンクしましたよ」というお知らせだということ。
おぉ、全然知らなかった・・・。

でも、TBを貼られたサイトをのぞいてみても、
ちっともワタシの記事はリンクされてませんよ・・・(笑) 
別にいいんですけどね・・・。

明らかにアクセス数稼ぎとわかる、
犬や猫、または記事の内容と無関係の(特にビジネス)ブログからのTBは、
じゃんじゃん削除させていただいてます。 

それにしてもやめてほしい、
「ハラコのバッグは酷い」って内容の記事に、
平気で「ハラコバッグ」販売サイトのTB貼るの!!!(苦笑)

そんなサイトにはぜったいアクセスしないんだから(笑)

最後に。
安易にネットで犬やネコを販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

札幌【銭湯・温泉】ワンディ・スパ☆

昨日の記事に、
「peepeeちゃん、明日はたくさん遊んであげるからね」と書いておきながら、今日も半日近くお留守番で、ワンディ・スパていねの湯に行ってきました~。 たまたま頂き物の無料チケットがあったので、悪天候の中、手稲までドライブです。

入ったとたん、目が点・・・。すごい混んでるし、ほとんど家族連れで、子どもがワラワラ・・・。それもみんな、施設が貸してくれる黄色い服着てお揃いだし(笑) おまけに、エントランスから見える位置に小さなフィットネススタジオらしきものがあり、すし詰め状態で、老いも若きもストレッチ。なんだか異様な光景でした(笑)

やや不安を感じながら、お風呂へ。
うーん・・・やっぱりこちらも混み混みでした。でも洗い場はけっこうたくさんあったので、順番待ちをすることはなかったです。死海の塩を使ったというお風呂は、温度が38度くらいで、けっこう入りごこち良し。外の露天風呂は2つ。一方は42度、もう一方は38度と、違う温度で設定されていたので、これまた長湯好きにはたまりませんでした。

そしてここの特徴の一つは、二つあるサウナ。
一つはフィンランド式の熱〜いので、もう一つは岩盤浴のように寝て入るもの。(寝床(?)が10人分しかないので、当然あいていないと入れないんですけど)  温度の低い寝て入るサウナで、岩盤浴ほど居心地のいいものではありませんが、通常の入浴料に含まれていると思えば、かなりお得です。またこれを配慮してか、受付で貸してくれるバスタオル・フェイスタオルは2枚ずつ!と、なかなか気が利いています。

何よりも一番よかったのは、エステ「ルド・セラピー」です。
「ワンディ・スパに入っているエステだし・・・」と全然期待していなかったのですが、これがいい意味で裏切られました(笑) もともと中央区にあるブライダルエステ店が出店しているそうですが、オイルはDECREOR(デクレオール)、その他にもPHYTOMER(フィトメール)(入浴剤で有名なオリゴメールの会社です)を使用していました。おまけに、ワタシを担当してくれたお姉さんが美人。 いろいろな意味で、とても気分よく1時間半を過ごすことができました。
※ちなみに、ワンディスパ直営?らしきお店のオイルマッサージもあり、おばちゃんたちが勧誘してきます(笑) お間違えのないように・・・(入り口はエステもマッサージも共通で、エステは奥の個室で施術します)

21時をすぎると、あれほど混んでいたお風呂からもすっかり人がひけて、とても居心地がよくなりました。最初からこのくらいだったら、本当にいい施設なんだけどなぁ・・・(経営なりたちませんね・笑)

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (2)

2007年1月 7日 (日)

サッポロファクトリー満喫☆

今日はpeepeeちゃんにお留守番してもらい、サッポロファクトリーに行ってきました。

ランチは、トラットリア・ピッツェリア テルツィーナで。

「新冠産三元豚と野菜のスパゲティー テルツィーナ風」 などなど、いただいてきました。(豚さんに感謝!)
このお店、評判通りと〜っても美味しくて、もっともっと、もっと!食べたくなりました・・・。(また行きたい!の意と、ちょっと量が少なめという意の両方)
 札幌の、この価格帯にしては珍しいと思うんですが、お店の方から「お取り分けしてお持ちしましょうか?」とお申し出をいただける、気の利いたお店です。ファクトリーにあるので気軽に入れるし、まだの方はぜひ足を運んでみてください。


その後、本日のメインイベント!映画鑑賞。マルちゃんおすすめの「リトル・ミス・サンシャイン」、今さらながら観てきました。

しかし、ワタシ、あんまり興味なかったので、勝手に
「小学生のイケてない女のコがミスコンで優賞するために、家族総出で頑張って、女のコが見違えるほどの美人になっちゃう映画」かと思っていたんですけど(そんな映画、いまどきないか・・・笑)、ぜーんぜん違いました〜。

いろんな賞も受賞している作品だけあって、かなり楽しめました。どこが?って、観ていない方のために、詳しく書いてしまうわけにはいきませんけど、笑えます(外人さんばりに、拍手して大笑いしている人もいました)&ちょっとあたたかい気持ちになれます。主演の女の子もよかったけど、やっぱりトニ・コレットがよかったな。
※判断基準としてお知らせしておきますが、ワタシの2006年ベスト映画は「ナイロビの蜂」と「キンキーブーツ」の2本!(って、タイプ違いすぎですね)  ワースト映画は、韓国の、川から怪物が出てきて大騒ぎしちゃうアレです(笑) 


あぁ、楽しい3連休もあと残すところ1日。peepeeちゃん、明日はたくさん遊んであげるからね。

それにしても。
1月だっていうのに、この天気・・・。地球は大丈夫なんでしょうか。今年こそ、雪祭りは危険信号ですかね・・・。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

ペットロスについて

ワタシはこれまでに2度、ペットロスを経験しました。(本当は4匹亡くしているのですが、ワタシが幼かったため、2匹のときの記憶はないのです)
言うまでもありませんが、本当に辛かったので(1匹については、今でも後悔が残っていますし)、 もう犬はいい、と強く思いました。でもやっぱり犬に惹かれてしまい、出かけた先にペットショップがあると、ついうろうろしてしまうんですが、それが余計に辛い・・・

「もうこんなに大きくなっているのに、狭いケージに入れられて可哀想」とか「売れ残ったらどうなるんだろう」とか、しまいには買おうとしている人を見ても「あの人ちゃんと、世話できるのかな」(これは余計なお世話かも…苦笑)、など、どんどん複雑な気持ちに。行き着くのは「可哀想だから全部ワタシが買おう!…どう考えても、無理だ…」と。けっきょく見るのも辛くなり、おかげでワタシはペットショップが嫌いになりました(笑)

「ペットロスは、飼い主に、ペットを失う心構えができてないことも原因の一つ」と、読んだことがあります。ただ、心構え=準備のできないケースもあると思いますし、病気にせよ事故にせよ、大事な家族を失う悲しみは避けられません。

そこで、ワタシの本当に勝手な考えですが、ペットロスの方には特に、センターからの引き取りを検討してほしいと思っています。亡くしてしまった命の代わり…と言ってはいけないかもしれませんが、引き取ることで確実に、失われそうになっていた一つの命が救うことができるのです。

センターの犬は、犬を捨ててしまう(もしくは、犬がいなくなっても探さない)ような飼い主に育てられたわけですから、ひょっとするとしつけが充分ではないかもしれません。(当然、犬が悪いわけではなく) 犬を飼ったことのない人に、その犬をしつけ直すことは大変かもしれません。でも、犬を家族として最後まで看取った人であればこそ、しつけ直し、結果的にその命を救うことも可能だと思うのです。きっと、前に飼っていた子と比べてしまうと思いますが、それはペットショップから購入しても同じこと。最初から思い通りになる犬はいませんよね。

何より、失ってしまった1つの命と同じ重みの命を救うことができるわけですから、そんな嬉しいことはないと思うのです。

ワタシもこの先、うちの大事なpeepeeちゃんに万が一のことがあったら、peepeeちゃんの仲間であるワンコを助けたいと思っています。

もし大切な命を失ったら…。いつかは来てしまうその日のために、ぜひ考えてみてください。

最後に。
安易にネットで犬やネコの販売・購入するのは反対です。

| | コメント (4)

2007年1月 5日 (金)

ハラコ=腹子

バーゲンセールの季節ですね。今シーズンもまたたくさんのリアルファーコートや、ハラコ素材のバッグなどが売られていますが、ワタシはこっそり、「毛皮が売れませんように」と祈願して歩いています。

先月、peepeeちゃんともにとってもお世話になっているお店の忘年会に参加したとき、話題にのぼった「ハラコ」。やわらかい風合いの毛皮で、バッグや靴や小物に使われていますよね。ワタシ、アニマル柄は好きなので可愛いなと思っていました。

しかし。
宴会の席で「ハラコ」は「腹子」、ようするに胎児だということを聞いたときには、本当にびっくり。一般的に知られていることなのでしょうか?ワタシ、全く知りませんでした…。 

今、ワタシが「ハラコとは」で検索すると、
トップから2番目にはこんなすごい内容が表示されました。

 【楽○市○】○ニマルスクウェアボストンバッグ【ハラコ】:B.○.Craft
 【ハラコ】:B.L.Craftハラコとは、「腹子」と書きます。つまり牛の
 胎児の皮を使った貴重な 毛皮のことなんです。 毛が短く硬いのが特徴で、
 最近、注目度大の素材で、なめらかな肌触りと艶のある美しい毛並みが特徴。

 (以下略)

何がすごいって、「胎児の皮」ということが、セールストークになっているということ。このコピーを書いた人、「胎児の皮」って、それがどういうことか本当に理解しているんでしょうか?

毛皮の購買中止を訴えるいろいろなサイトによると、「ハラコ」を得るために、以前は流産してしまった胎児の皮をとっていたようですが、現在はその人気の高さから、生まれてすぐの赤ちゃんからはぎとったり、母体にいる状態のまま母子ともに殺され、赤ちゃんと取り出したりするそうです。

酷いのは「ハラコ」に限ったことではありません。

おバカなワタシも「毛皮を剥ぎとられた動物は死んでしまうんじゃないか」とうすうす感づいてはいたのですが、まさかそれが生きたまま、もしくは撲殺されたり首をひねられて殺されているなんて、考えたこともありませんでした。でもよくよく考えれば、中国では狂犬病撲滅と称して飼い犬でさえ撲殺されていたくらいですから、商品化するための家畜の安楽死などはありえないのでしょう。

下記、ワタシの体験談ですが。
たしか5年くらい前、お買い得だったラビットファーのバッグを購入。2シーズン使ったけれど、安かっただけあってすごく毛が抜け、みすぼらしくなってきたので処分しようか迷っていたところ、どこからか“しばらく洗っていないワンコ”のような匂いが… まさか??と思い恐る恐る、そのファーバッグを嗅いでみると…。う~(涙)、匂いの発生源は、バッグだったんです!

ショックでした…。あらためて「このバッグは、元々ウサギちゃんだったんだ…」と痛感。中国製の安物だったので、ちゃんとした加工もされず匂いが残っていたのでしょうけど(最初は匂わなかったんですけどね)、高級品もみんな、もともとは匂いをもった生き物だったんですよね。バッグはどうしても持つ気になれなくて、「ごめんなさい」と言ってお別れしました。

これをきっかけに、ワタシ、毛皮は買わないことにしました。

でも、じゃあ全く動物を犠牲にして生活していないか、というとそれはNoです。動物愛護と肉食の境界線については難しいですが、「食べる」とか、生きていくのに必要な行為は別だと思っています。肉を食べずに済むならそうしたいところですが、やっぱり食べたいときがあります。大事なのは「感謝していただく」ということ。命を分けていただくわけですから、ムダにはできません。それは野菜も魚もみんな同じですね。

それに対して「ハラコ」を含め毛皮はあくまでもファッションであり、必要不可欠なものではありません。わざわざ、動物の死体を身にまとう必要はないわけですよね。「はじめ人間ギャートルズ」(って、古すぎ…笑)の頃は毛皮しか身にまとうものがなかったんでしょうけど、今はたくさん着るものがありますから。皮革製品も必要最低限以外は、少しずつ減らしていこうと思っています。


動物管理センターの犬や猫たちのこともそうですが、私たちが当たり前に生活している社会の背景には、知ってしまうと辛くなることがたくさんあります。でも、自分たちの生活のために何かを犠牲にして、そ知らぬ顔で、ひたすら消費を続けることは本当に罪なこと。悲しいですが、これまでのワタシも含め、今の日本にはそういう人が多すぎると思います。

一人ひとりが意識を変えていくにはどうしたらいいのでしょうね。教育の、とくに小学校の「道徳」教育の重要性を痛感していますが、人に期待しているだけでは何も始まりませんしね。複雑な気持ちです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売するのは反対です。

| | コメント (6)

2007年1月 4日 (木)

今年の目標?

ちょっと遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

今シーズンの札幌は、まれにみる暖冬ですね。年末に雨が降るなんて、びっくりしました。クリスマスが過ぎてから雨が降るなんてこと、これまでにあったでしょうか。

ワタシの地元は空知の豪雪地帯なのですが、うちの両親は「今年の正月は雪が少ないからラクでいい!」とお気楽なことをのたもうていました(苦)。これも温暖化の影響?と考えると怖くなりますね。アメリカと中国が京都議定書にサインしなければ意味がない…と思いながらも、うちの暖房は22度に設定。けっこう寒い(笑)

スーパーのレジ袋もそろそろ有料化ですね。そのままゴミにしている人もたくさんいるようなので、有料化は大賛成!(うちでは貴重なゴミ袋なので、ホントは残念ですけど) コンビニで普通に入れてくれるお箸なんかも、全部、有料になっていいと思うんです。どーせタダだから、っと言う人もいますけど、原価に含まれているだけですよね。この世の中、タダのモノなんてないんですから。

話は変わって。
うちは一年前に今の家に越してきたんですが、実は前の家で使っていたカーテンがそれほど傷んでいなかったので捨てられず、1年間もトランクルームで眠らせていました。ようやく活用していただけそうなところがみつかりました。

くしろワンニャンボランティア

札幌に動物保護団体がないか探していたときに見つけた、釧路のボランティアさんたちです。ワタシもまだ直接連絡したことがないのでHPの内容しかわかりませんが、同じ北海道民として、応援したいです。年末の大掃除でいろいろ出てきたので、この3連休にでもさっそく送らせてもらおうと思います。

最近の「お掃除ブーム」で言われている、「使わないものは迷わず捨てたほうがいい」という言葉の解釈は、かなり難しいですよね。ちょっとへそ曲がりな見方をすると、豊かさにあぐらをかいた日本の傲慢のような気がして、個人的にはあまり好きじゃありません。そんなわけで(?笑)、ワタシは整理下手なのに何でも溜め込んでしまう困った性格なのです。

そこで、今年の目標は、
無駄なものは買わない = よく考えて、買うモノは少なく!
さて、できるかな・・・??

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売するのは反対です。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »