« 中国、狂犬病予防の犬処分中止 | トップページ | シーズー。 »

2006年12月14日 (木)

「ひろしまドッグぱーく」を広島県警が捜索!

ようやく警察が動いたようです。
(以下、ニュース記事を転載させていただきました)

犬虐待の疑い、広島「ドッグぱーく」など4か所捜索

 広島市佐伯区のテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」(閉園)で多くの犬が衰弱していた問題があり、広島県警は14日、ドッグぱーくなど4か所を動物愛護法違反(虐待)容疑で捜索した。
 県警は今後、管理していた同市内のプロダクション代表者らから飼育状況などを聞き、同容疑で書類送検する方針。
 このプロダクション代表者が犬に十分な餌や水を与えず衰弱させるなどしたとして、犬を救援している大阪市の動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」は11月、県警に同容疑で告発していた。
 同団体によると、全国から約6000万円の支援金が集まり、これまでに約540匹が新しい飼い主に譲渡された。ドッグぱーくには現在、35匹が残っている。
(2006年12月14日11時20分  読売新聞)

ここまでこれたのは、アークエンジェルズの方たち、たくさんのボランティアのみなさんや支援と、そして告発のために署名したたくさんの方たちの働きがあったからこそ。
だからこそ、真相はわかりませんが、アークエンジェルズさんには決して誤った道を歩んでほしくない、と思います。

書類送検に留まらず、ぜひ逮捕までこぎつけてほしいです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

|

« 中国、狂犬病予防の犬処分中止 | トップページ | シーズー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国、狂犬病予防の犬処分中止 | トップページ | シーズー。 »