« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

ブログ納め

明日は実家へ里帰りするため、今日が今年のブログおさめです。

なにごとにも熱しやすく冷めやすい、根っからの北海道民気質のワタシ。
いったいいつまで続けられる?と心配していたこのブログも、なんとか52件の記事を書き上げました(まだ、52件・・・笑)

振り返ってみると、反省や改善点がいっぱいです。

「札幌・犬・ペットショップ」等で検索したときに上位表示されるように頑張って、これからペットショップで犬を購入しようとしている人に、もう少し考えてもらいたい!というのが当初の目論見だったのですが、そんな方、ほとんどたどり着いてくれていません(笑)
また犬以外に興味をもっている人に検索でひっかかってもらい、ぜひ犬のネタについても読んでもらおう!と、どーでもいいようなことも書いてみたのですが、これもダメ。人は自分の興味あるものにしか目を通さないものです。この戦法も今年で中止です(笑)

それから、ワタシの最大の目的の一つ、「動物管理センターの収容犬を減らすことにつなげる」ということについては、もう少し別の方法を検討しています。

というのも、最近あらためて感じるのは、犬を捨ててしまうのは割と高齢者が多い、ということ。(ひとくくりにしてしまうのは良くないですが、適当な表現がみつかりません。)

高齢者に対して啓蒙しようとする場合、メディアの選択としてインターネットは難しいですよね。そこで来年からは、新聞・テレビなどのマスコミに対する投稿活動に重点をおこうと思っています。道新をみても、読者の投稿欄は、高齢層が中心。最近は、たいていの番組はホームページをもっているので、何かとリアクションしやすいです。

今年は、cx系・朝8時からの「特だね!」で、徳島の崖っぷちワンコのニュースが流れたとき、番組ホームページから「徳島県は年間でこんなに犬が処分されているのだから、ぜひ崖の犬だけじゃなく、動物管理センターも取材してください」とメッセージを送ってみました。きっと同様の書き込みが多数あったんじゃないかと思うんですが、翌日のオンエアではしっかり、動物管理センターの映像と、徳島で処分されている犬の現状についても放送されていました。(ちなみに崖っぷちっ子の譲渡会は1月末だそうですね)

こういうニュースが、一過性のものになってしまわないよう、微力ながら、声にしていこうと思うんです。

ただ問題は、1人の意見ではなかなか動いてもらえないこと、またお年寄りの見ている日中の番組はワタシにはチェックできないこと。いずれにせよ、1人では大したことはできません。

そこで。
何かの縁あって、このブログを見てくださった方。
もし賛同していただけたなら、ぜひ声にしていきませんか?
自分の好きな番組や雑誌などに、犬や猫たちの現状についてのあなたの考えを投稿していきませんか?
ニュースやワイドショーなら、
「ぜひ動物管理センターを取材してください」とか「ペットショップで売れ残った犬や猫はどうなっているの?」「老人ホームでは犬や猫は飼えるの?飼っていた子はどうなっているの?」等の内容でもいいと思います。
もしよろしければ、犬や猫たちのためにちょっとの時間を活動に充ててください。1人の声より、10人、20人の声です。
ぜひよろしくお願いします。

またしても長くなりましたが、今年はこれにて終了です。
来年が、みなさんにとって、犬や猫たちにとって良い年になりますように。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (6)

2006年12月29日 (金)

【ドッグカフェ】7st.Beach Cafe

今日はpeepeeちゃんの病院へ。膝蓋骨脱臼の再診です。
良くなってきてはいるけれど、やっぱりまだ、押すとすぐ関節がはずれる状況だそうです。ただ、消炎剤も効果があり膝の滑りをよくする膜は治ってきたようなので、あとはグルコサミンを飲み続け、様子をみることになりました。
とりあえずは一安心。

この前発見したオシリのできもの、診てもらったところ、
「あー、できものですね。たまにできちゃう子いるんですよ」(って先生、それ、見たまんまでしょ!って突っ込みたくなったけど・笑)と言われました。

ただあまりにも痒がってお尻を引きずってあるいてつぶしてしまい、化膿してしまうと良くないらしいので、
これも要観察だそうです。うちはたまたま来月、避妊手術をする予定なので、ひょっとするとそのときに切除かな・・・。

その帰り、「セブンスビーチカフェ」で晩御飯を食べてきました。

7st.Beach Cafe(セブンスビーチカフェ)
札幌市中央区南5条西27丁目3-1
マリンギャラリークルーズ内(環状通り沿い) 
011-562-2277
11時〜22時(年中無休)

ここは1年前にワタシが住んでいた家からけっこう近いのですが、お店ができたのも1年前とのこと。「カフェは全く知らなかった」ので、今日が初です。

「カフェは全く知らなかった」というのは、ここが「マリンギャラリークルーズ」というお店の中に入っているから(そのお店は以前からあり)。一見、カフェには見えなかったのでやや入りにくかったんですけど、入ってみると入口から右手がオープンスペースのようなカフェ。雰囲気的にはお酒がのみたい感じです(笑)

2階もあるんですが、ワン連れは1Fのみとのことで、1Fの角の席へ。
フードは・・・生ハムとか、名物「鶏の半身揚げ」とか・・・なになに?お酒のすすむメニューばかりぢゃないのよ〜とちょっと悔しい気持ち(なぜって車だから)になりながら、オムライスをオーダー。そのほかにはパスタやピザなどありました。食事メニューのバラエティ感はないけど、オムライスは美味しかったですよ。

お店のお兄さんも感じがよかったし、また近くまで行ったときには寄りたいなぁと思えるお店でした。

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

肛門腺について

それは、peepeeちゃんが我が家にやってきて1週間くらい経ったころ。

peepeeちゃん、おすわりのまま器用に(奇妙に?)前足で進んでいきました。(うちではこれを「オシリ歩き」と呼んでいます) どうやら肛門嚢がたまりやすいようです。定期的に病院やショップで、じーっくり肛門腺を絞ってもらっています。

ただ、最近はやたらと頻繁に「オシリ歩き」をするのでオシリを見てみると、以前にはなかった、小さな「できもの」を発見。原因はこれかも…(涙)。ちょっと心配なので、今週末、膝蓋骨脱臼の診察とあわせて診てもらおうと思っています。

「オシリ歩き」には肛門嚢がたまっているほか、皮膚炎などが原因の場合もあるようです。なにごともそうですが、相手は口の利けないワンコ。もし症状や状況が改善されないようであれば、いろいろ調べてみたほうがいいです。(←自分に言い聞かせています)

参考までに・・・

P-WELL 犬猫病気百科

肛門腺の絞り方は、こちらがわかりやすいです。
ノア動物病院 どうぶつのお手入れマニュアル犬編 肛門腺の絞り方

肛門腺絞りはコツさえつかめば簡単…と言いますが、ワタシは「脱腸させたらどーしよー」(そんなわけないんでしょうけど)と思うと、怖くてできません(笑)

ちなみに、うちの実家のくろちゃんは、車にのるとものすごーくビビって(死語?)緊張してしまっているようで、抱っこをすると肛門嚢を噴射してしまいます。可哀想だけど、勘弁してほしい…(苦笑)

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売することには反対です。

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

古き良き喫茶店。

昨日、「christmas!そーだシチュー食べよう…」ってことで、peepeeちゃんにお留守番してもらって、マルちゃんとZAZIへ行ってきました。

ZAZI (ザジ) 
札幌市中央区南二条西5(東向き)
011-221-0074 
不定休 
[月〜土] 9:30〜22:00 [日・祝] 10:00〜22:00 

札幌の人なら、たいていの人が知っているこのお店。1976年オープン、1982年から現在の場所で営業しているそうです。
ワタシがZAZIに足を踏み入れるのは実は約10年ぶり(笑)。CAFE´というよりは古き良き喫茶店という雰囲気も変わりなく、店員さんに“無駄な愛想がない”のもたまりません(笑)

ワタシは未経験なんですが、ZAZIがワン連れ入店OKだという噂、ご存知でしょうか。
ワタシが大変お世話になっているワングッズのお店のサイトで、そのようなことが書かれていました。(でも基本的にドッグカフェではないので、連れて行くときは、必ず事前に電話で確認してくださいね!とのことです)

ここのシチュー、とっても美味しいんですよね♪年季のはいった1人前用のホーロー鍋で出てくるんですけど、もぅ〜サイコー。ワタシのお気に入りは茄子とミートのチーズシチュウ!久々に食べましたが、やっぱり美味しかった…。今日も食べたいくらいです(笑)スパゲッティも、パワードリンクもいいですよ。ぜひ、未経験の方はお試しくださーい。

| | コメント (3)

2006年12月24日 (日)

くろちゃん

うちのpeepeeちゃんは札幌市内のペットショップからやってきた。
血統書の名前は「・・・ほにゃらら・・・north land shimaya jp」となっているので、「しまや」というブリーダーの元で繁殖された子らしい。
そして、うちの実家にいるミニチュアシュナウザーの「くろちゃん」。この子も偶然にも「しまや」の出身。

「しまやさん」自体を検索しても情報が得られないのだけど、こちら出身のワンコたちのオーナーさんがブログなどで血統書を公開していたのが何件かあったので、チェックしてみた。ボーダーコリーやコーギー、ニューファンドランド、ポメラニアンなどなど。キャバリアは、見た限り0。残念!

くろちゃんの血統にはアジリティのチャンピオンがいるらしく、その跳躍力は、実家の他のシュナウザーとは桁違い。うちでは「危険な黒い犬」と呼ばれ、家族から恐れられている(半分冗談・半分本気)

例えば。
家の中で「いっち、にー、いっち、にー」と体操を始める。と、どこからともなくくろちゃんが出現。「あうぉあうぉ〜」と妙な声で話しかけてきたと思ったら、体操をしている人の顔や腕をめがけてジャンプし、ちび噛み攻撃をしてくるのだ。きゃー、くろちゃん怖すぎる〜!(笑)

たぶん、人が腕を振り回しているのが怖いのだと思うけど、怖いのはこっちのほう(笑) おかげで、実家ではうかつに体操もできない。

このほかにも、ドッグランで走れば母にちび噛みしてきたり、ティッシュペーパーを出していたずらしてみたりと、もう6歳にもなるのに、いつまでも子犬のようなくろちゃん。でもうちの父母(とくに父)は、そんなくろちゃんが可愛いらしいから、ま、これはこれでいいか・・・。

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売するのは反対です。

| | コメント (2)

2006年12月20日 (水)

無題

昨日、友人が亡くなりました。

ワタシよりも若く、これからもっともっと楽しい人生を送るはずだった彼女は、

闘病生活の末に、お別れもいえないままこの世から旅立ってしまいました。

この先、彼女の姿を見ることができないなんて、まだ、信じることができません。


お通夜の席で、ふと思い出しました。

一昨日のブログに、保健所にいる犬たちを

「生きることも死ぬことも選択できない存在」と書いたことを。

その表現は間違っていました。選択できないのは、

家族から愛され生活している犬も、そしてワタシたち人間も同じこと。

生も死も、誰かが選択できることではありませんでした。

何かの縁でまだこの世に生かされているワタシは

若くして命をおとしてしまった彼女に恥じないよう、

誠実に生きていかなければいけませんね。

この先、何ができるかはわかりませんが、

いつかは自分にも訪れるであろうそのときのためにも、

周囲の人や、この地球上の命あるもの全てを大切に、感謝を忘れずに

後悔しないように、生きたいと思いました。

合掌

| | コメント (2)

2006年12月18日 (月)

ただのいぬ。とは

ただのいぬ。

全国の動物管理センターや保健所に収容されている犬たちを撮りつづけた服部貴康さんの写真に、詩人でありデザイナーでもある小山 奈々子さんの詩が綴られた写真集。本の名付け親は、ラーメンズの小林賢太郎さんです。

「ただのいぬ。」とは「名もない只(ただ)の犬」であり「無料(タダ)の犬」ということ。
ペットショップで何万円もの金額で買われていく犬たちがいる一方、保健所に抑留され、不要犬としてその命を終えてしまう犬たちが存在します。その数は年間16万頭と言われています。

この本を読み終えたあとに考えさせられるのは、犬の運命を大きくわけるその違いは何なのかということ。でも、それを一番知りたいのは、命をおとしていった犬たち自身かもしれません。

どの犬も感情をもった、唯一無二の存在。
「ただのいぬなんて、1匹もいない」ということを、この本は訴えているのです。

東京のせたがや文化財団生活工房さんでは「ただのいぬ。プロジェクト」が組まれ、昨年から写真展を開催しています。

先月は北海道放送の「Hanaテレビ」でも、服部さんを中心とした「ただのいぬ。」について特集が組まれていました。今後、北海道でももっと、犬や猫の殺処分についての話題が取り上げられるといいのですが・・・。(北海道は絶滅危惧種など野生生物の保護には積極的ですが、犬や猫に関する一般市民の関心は他の都府県と比べると関心が薄い気がします)

ここからはワタシの勝手な思いですが、「犬が好きな人」よりは、まだまだ人の痛みや命の大切さについて悩み考えている、若い方たちにこの本を見てほしい思っています。
イジメ、虐待など、弱者を虐げる事件が続いています。人は悩みを抱え、自分の殻に閉じこもってしまうと、自分のことしか考えられなくなるもの。自分が「世界で一番不幸な人間」になってしまいますね。自分が役に立てる場所は必ずある、ということを知るためには、誰かの助けが要るのはもちろんですが、自分の考えを揺るがすきっかけも必要だと思うのです。

生きることも死ぬことも選択できない存在が、こんなに身近にいるということ。こんなに無邪気な子たちの悲しい現実をこの本から感じて、きっかけにしてほしいです。自殺する勇気のある人には、ほかにもできることがたくさんあるはずなのに、もったいないですよね。

人も動物も同じ命。一人でも多くの人たちがその重要性に気づいてくれること、そして無抵抗な命が無駄に失われないことを毎日願っています。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月17日 (日)

犬の膝蓋骨脱臼について〜その3&薬の飲ませ方

昨日の夜、再びpeepeeちゃんの病院へ。

なんとうれしいことに、先週はグレード3と診断されていた状態が、「これならグレード2ですね」と言われました。
具体的にいうと、グレード2は「骨は正常位置にあり、押すと簡単にはずれる」状態。すごい効き目です!消炎剤&グルコサミン。
グルコサミンは前に行った病院でも処方されていたのですが、消炎剤はここ(北愛動物病院)でもらったのが初めて。前回レントゲンを撮ったときに、先生から「膝の関節包が炎症をおこして、うまく関節液がでていないと思います」と言われ、飲ませることに。最初は、こんな子犬なのにあんまり薬を飲ませるのは嫌だなぁと思っていたのですが、こんなに早く回復するなら飲ませてよかったです。先生、ありがとう!

グルコサミンは説明するまでもなく、軟骨成分を含んだ栄養補助食品。人間も、膝が痛い場合などよく飲みますよね。それのワンコ用です。だいたいカニの殻とかサメ軟骨が主成分らしく、匂いがちょっと独特。知り合いのおうちのワンコは「おやつ代わりにガツガツ食べる」と聞いたので、うちのpeepeeちゃんにも「ほい」とあげてみたら、クンクンかいだと思ったらすぐにフン!と拒絶。嫌な予感はしたんですけどね・・・。

その後、
・細かく砕いてフードにのせたところ、今度はフードまでも一切口にしなくなってしまい失敗。
・お気に入りのサツマイモの練り物のおやつがあるので挟んでみたのですが、それもダメ。
・フードをふかしてお団子状にして、その中にいれる(匂いがつかないように注意)、という方法も聞いたのですが、うちの子は口が小さく、小型犬用の一口サイズのおやつでさえので一口では食べられないみたいなので、それは試さず。
結局、とった手段は
・子ども用のオブラート代わりのゼリー(ストロベリー味)を買ってきて、粉末状にしたグルコサミント混ぜ合わせ、注射器(飲み薬用)ですこーしずつ舐めさせました。かなり渋々なご様子だったので、お薬のあとはご褒美でフォローです。

なんとか1週間続けたのですが、あんまり本人(犬)もうれしそうじゃないし、注射器でゼリーを吸い上げる作業が思いのほか大変で、もっといい方法がないかな〜と思っていたときに、閃いたんです。peepeeちゃんの大好物のガムを利用しよう!

具体的には
・まずワタシが「ガム持ち係」になり、ちょっとの間ガムを食べてもらう。ガムが適度にベロベロになってきたところでいったんストップさせて、粉末状にしたグルコサミンをつけ(トッピング?)、もう一度差し出すと・・・おぉ!あんなに嫌がっていたハズのグルコサミンをぺろぺろ舐めるじゃないですか〜。それも美味しそうに、よろこんで食べています(笑)

今では毎日、夜のご飯のあとはグルコサミンをトッピングしたガムの時間です。peepeeちゃんもわかっているらしく、いつもご飯の後は「まだ?まだ?」と待ち遠しい様子。

よろこんでくれるのはうれしいんですけど、あのグルコサミン独特の匂いはぷ〜んぷんなのに、なんでガムならいいんだろ?さっぱり理解できません(笑)

薬の飲ませ方で苦労されている方、もし愛犬がガム好きだったら、ぜひこの方法もお試しくださ〜い。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月16日 (土)

ヒート中のアクシデント?

このブログにたどりついてくださり、ありがとうございます。
勝手ながら、万が一あなたがお食事中だったり、またウ○チネタを好まれない場合はこの続きは読まないことをおすすめします(笑)

今朝、ちょっとだけショッキングな出来事があったんです。

peepeeちゃん、ヒート中のため、おパンツを着用中です。使い捨ての紙おむつタイプを購入してはかせたのですが、何だかずり落ち気味。さらにはあのマジックテープの音が好ましくないらしく、あまり快くはいてくれようとはしません。そんなにイヤなら、まずは別の方法で慣らせよう!と思い、格安の人間用(婦人用)の綿のパンツを購入してきました。両足のゴムの部分をpeepeeちゃんの足の付け根まわりに合わせて、ツメて縫ってあげると、peepeeちゃん用パンツのできあがり!です。人間がはくときとは前と後ろを逆にすると、ボリューム的に丁度いいです(笑)こっちは全くずり落ちませんし、ほぼ嫌がりません。ただ、せっかく買ったので紙パンツと交代ではかせています。ちょっとずつ、紙パンツにも慣れてきたみたいです。って、話がそれましたね。

今日は綿のパンツの日だったんですけど、ふと気付くと、なんだかウ○チ臭いじゃないですか・・・。まさか!と思いパンツを横から覗くと、そこにはなんと茶色の物体が!!!!!あわててパンツをとりましたが、それはまるで、ちょっとぺったりしたレア加減のハンバーグみたいな感触でした。どうやら、しちゃった後、お座りしていたみたいですね。たぶん、ご褒美がもらえると思って待っていたのでしょう・・・。(peepeeちゃんは食糞癖があるので、うちではウ○チをした後は「ご褒美」をあげるので)。ホント、いい子です。

今日は紙パンツの方にしておけばよかったなぁと、ちょっとだけ後悔しました。
おかげで朝から、パンツとpeepeeちゃん本体の洗濯です。

それにしても。しばらくハンバーグは食べたくないなぁ。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

シーズー。

札幌市動物管理センターの収容犬情報を見たことがありますか?

今日(12/15)はワタシがチェックしているなかではやや少なく、3匹の犬の情報がアップされています。珍しくメスばかりです。

性格の良さそうなゴールデン。12/8に、清田区でみつかったそうです。
写真を撮られてもじっとおすわりして、カメラを見つめています。

大人しそうなペキニーズ。12/13に、厚別区でみつかったそうです。
がっくりと肩をおとしていて、可哀想です。

平成17年度、札幌市のセンターに捕獲された犬の数は487匹。うち飼い主が探しにきたのは240匹だそうです。信じられない話ですが、2人に一人の飼い主は自分の犬を探さないのです。大部分が、捨てているのかもしれません。
ただ、大型の雑種などは難しいようですが、小型の純血種は収容期限が切れると、引き取り手が現れることが多いようです。この2匹は引き取られるかもしれませんね・・・。(そうなることを望みます)

残りの一匹は、12/11に篠路でみつかったシーズ-です。
この子の写真を見たとき、ワタシは久々に凍りつきました。腹が立ちました。涙が出てきました。
皮膚疾患がひどく、毛が抜け皮膚が露出しています。目も白内障だけではなく、他の病気も併発しているかもしれません。とにかく、シーズ-だということが一目見てわからないくらい、容姿が変わってしまっています。一体誰が、こんな可哀想な犬を捨てたたのでしょう。どうしてこんなになるまで放置しておいたのでしょう。
生き物の命を何だと思っているんでしょう。この子の飼っていた人は、自分が同じ目にあわないとわからないのでしょうか!

「誰か助けてあげて」。
善意のようで、無責任なこの言葉は大嫌いです。有名な、犬の保護活動を行っている方は「自分自信が助けられないなら、人を当てにするべきではない」と言っています。本当に、その通りだと思います。でもワタシは、この子の、あまりにも哀れな写真を見たとき、そう願わずにはいられませんでした。

犬を引き取ることのできない環境にいるワタシが、何もできないとは思っていません。一人でも多くの人に犬や猫たちの現状を知ってもらい、一つでも多くの命が救われるように、行動することはできると。ただ、そんなワタシはとても非力です。やるせなくなります。

ワタシがこの子にできること。
これ以上、この子が苦しむことのないように祈ることだけないのです。

絶対に、安易に犬や猫を購入しないでください。
その子が病気になっても、障害が残っても、決して手放さないでください。
今の日本では、犬や猫は飼い主がいなければ生きていけないのです。

| | コメント (3)

2006年12月14日 (木)

「ひろしまドッグぱーく」を広島県警が捜索!

ようやく警察が動いたようです。
(以下、ニュース記事を転載させていただきました)

犬虐待の疑い、広島「ドッグぱーく」など4か所捜索

 広島市佐伯区のテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」(閉園)で多くの犬が衰弱していた問題があり、広島県警は14日、ドッグぱーくなど4か所を動物愛護法違反(虐待)容疑で捜索した。
 県警は今後、管理していた同市内のプロダクション代表者らから飼育状況などを聞き、同容疑で書類送検する方針。
 このプロダクション代表者が犬に十分な餌や水を与えず衰弱させるなどしたとして、犬を救援している大阪市の動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」は11月、県警に同容疑で告発していた。
 同団体によると、全国から約6000万円の支援金が集まり、これまでに約540匹が新しい飼い主に譲渡された。ドッグぱーくには現在、35匹が残っている。
(2006年12月14日11時20分  読売新聞)

ここまでこれたのは、アークエンジェルズの方たち、たくさんのボランティアのみなさんや支援と、そして告発のために署名したたくさんの方たちの働きがあったからこそ。
だからこそ、真相はわかりませんが、アークエンジェルズさんには決して誤った道を歩んでほしくない、と思います。

書類送検に留まらず、ぜひ逮捕までこぎつけてほしいです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

中国、狂犬病予防の犬処分中止

狂犬病予防のために、これまで中国政府が行ってきた犬の虐殺行為は、この21世紀の人間行為とは思えないようなもの。まるで戦時中の出来事のようでした。
検索するといろいろ出てきますが、例えばこちら。
詳しくはiza 撲殺に薬殺・・・中国で驚愕の狂犬病対策、「退治隊」が5万匹を一斉処分

以下、抜粋ですが
『街頭で犬退治隊にペット犬が見つかった飼い主は「家族の一員で、狂犬病にはならない」と訴えたが、犬は棍棒(こんぼう)で殴り殺されたり、薬で安楽死させられたりした。
飼い主には1匹5元(約72円)の補償金が支払われただけだった。
雲南省では4月にも、羅平県当局が毎日、野良犬を殺し続け、「狂犬病防止」を主張する県側と「残酷だ」と抗議する住民の間で論争になっていた。』(新華社電)

まるでナチスのユダヤ人虐殺です。狂犬病でも何でもない犬が家族から奪い取られ撲殺なんて、信じられません。
ワタシが犬を奪い取られた中国人だったら気が狂っていたことでしょう。

でもようやく、こんな馬鹿げた行為にも終止符が打たれたそうです。

yahooニュース狂犬病予防の犬処分、胡錦濤主席の指示で中止・・・香港紙 

愛犬家による嘆願書により、胡錦濤主席が考えを変えたとのこと。
北京オリンピックのために狂犬病を絶滅させたいのはわかりますが、こんな方法しかとれない国は、国際社会から認められるどころか反感を買うだけ。嘆願書を読まなければわからないようなことなのでしょうか。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

アークエンジェルズ、ドッグぱーくから年内撤退。

ARK ANGELS(アークエンジェルズ 大阪)が、年内に広島ドッグぱーくから撤退することになったそうです。

YAHOOニュース

ABC「ムーブ」などのワイドショーでたたかれ、大前氏から告訴され、その結果ということでしょうか。
あの「スクープのために、ターゲットのつるし上げに向かって一直線!」みたいな「ムーブ」の番組の作り方は信用できないので、番組内容を鵜呑みにするようなコメントはしたくないのですが、これだけは言いたい。

土地の所有者の大前氏、信用できません。直感的にそう思います・・・(笑)というのは、個人的な思いなのでさておき。番組のインタビューでもペラペラしゃべって、すっかり被害者ヅラですけど、土地の所有者で、もともとドッグぱーくの経営に関わっていた会社の社長ですよね?元はといえば、彼らが責任をもって犬を管理し、養っていさえすれば、こんなことにはならなかったのでは?(そもそも、ドッグぱーくという施設自体がどうなのか、ということについては話が長くなるのでまた別の機会に)

だからといって、林代表が正しいとも思えません。わずかばかりの寄付をしたワタシは、犬のためにさえ使ってもらえれば、その使い道はシェルターだろうとなんだろうとかまいません。
でも、あのアークエンジェルズのサイトでは、ドッグぱーくの犬の現状を報じ、寄付を募っていました。「ドッグぱーくの犬のため」に、寄付をしようと思った人が大部分でしょう。そのためのお金を預かっている林代表が、あっさり「お金かからなかったから、ドッグパーク以外に使おう」と決めてしまうのは言うまでもなく問題です。

でも、これをきっかけに、動物保護の団体を、むやみやたらに非難するような風潮にだけはなってほしくないです。法が整備されていないだけに、それぞれのやり方で進められていることから、団体同士の争いや誹謗中傷も少なくないです。

でも、みんな目的は同じなんです。それぞれのやり方もみとめつつ、平和的に、犬や猫の命を救うことはできないものでしょうか。やっぱり法で、もっとしっかり定めるしかないですよね。人間の勝手によって放棄される動物たちの保護にこそ、国に乗り出してほしいのに、ドイツのようには(国の施設で、寄付によって賄われている)いかないものでしょうか。本当に日本は、動物後進国です。
※よかったらブログ内ペットショップについてもみてください。ドイツの保護事情についても触れています。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月11日 (月)

犬の膝蓋骨脱臼について〜その2

peepeeちゃん、「膝蓋骨脱臼」を診てもらうために再び病院へ。

前回の病院では、「グレードは2.5。普段は骨は正常な位置にあるけど、ずれることが多い」と診断されました。とりあえずサプリメントを出され、「手術は難しいので、上手に付き合っていくしかないでしょう」と言われましたが、ワタシ自信が納得できなかったので、他の病院に行ってみることにしたのです。

今回お世話になったのは、北愛動物病院 です。
peepeeちゃんがうちに来たときからずっとお世話になっていた病院。料金はやや高い?と言われているようですが、ここにはMRICTもあるので、口のきけない動物たちの重大な病気を発見するにはとても有効だと思います。ここのサイトの「症例報告」というページには膝蓋骨内方脱臼が取り上げられています。ぜひ小型犬を飼っている方は見てみてください。

先生からは現在の状況、当面の治療、そして今後について説明されました(今回の先生の説明はわかりやすかったです)。

「骨の様子を診るために、レントゲンをとったほうがいい」とのこと。通常、脱臼は触診で、レントゲンを撮るのは手術が必要な場合…と調べたサイトには書いてあったため、その時点で、手術を視野にいれた状態なんだな…と察しはつきました。写真ではかなり骨自体も変形。診断はグレード3。前回の病院は2.5で「普段は正常位置にある」という診断でしたが、3は「普段から正常な位置にはない」でした。実際、骨もはっきりとガニ股に曲がっていました。

とりあえずサプリメントと、関節包を修復するための薬をもらいました。

関節については、ペットケア通信〜愛犬・愛猫を悩ます関節炎に気をつけて!がわかりやすいです。

これまではずっと「ガニ股、可愛い〜」なんて思っていました。というのも、うちの実家にいるのはガニ股のシュナウザーばかり。“キャバリアもシュナと同じくらいガニ股なんだ”と思っていました。
親犬の情報が全くないので、peepeeちゃんに脱臼の遺伝的性質があったかどうかはわかりません。うちはリビングはカーペットを敷いていますが、廊下はフローリングのまま。peepeeちゃんはときどき、大興奮して家中を走り回る癖があったので、その時の負荷が大きかったのでしょう。やっぱりワタシの責任。

後悔先に立たずです。
ワンちゃんを飼っている人で、お家がフローリングの方。見た目には何ともなさそうでも、負荷はかかっています。症状がでてからでは遅いです。早めにカーペット敷きか、ワックスを犬用のものに変えてください。
またお金の問題もありますが、病院に連れて行っても原因が明確にならない場合は、何軒か受診してみるのもいいと思います。犬や猫の症状は、人間よりもはるかに明確にできないことが多いので、セカンドオピニオンは重要です。あまりナーバスになる必要はないと思いますが、様子をみても改善されないようであれば、後悔しないためにもドクターショッピングはお勧めです。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

犬の十戒とは。そして猫の十戒とは・・・

通常『十戒』とよばれているのは、モーセがイスラエルの神から与えられたとされる、10の戒律のことですね。

モーセの『十戒』(『旧約聖書』出エジプト記 第20章)

1. あなたはわたしのほかに、何ものも神としてはならない。
2. あなたは自分のために刻んだ像を造ってはならない。
3. あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。
4. 安息日を覚えて、これを聖とせよ。主は六日のうちに天と地と海とその中のすべてのものを造って七日目に休まれたからである。
5. あなたの父と母を敬え。
6. あなたは殺してはならない。
7. あなたは姦淫してはならない。
8. あなたは盗んではならない。
9. あなたは隣人について、偽証してはならない。
10. あなたは隣人の家をむさぼってはならない。

ここ数年で、よく聞かれるようになったのが『犬の十戒』。これは、『犬を飼う人のための十戒』と言ったほうが正解ですね。いったい誰が書いたのでしょうね。犬の飼い主には、涙なしには読めない内容です。こんなの読んじゃった日にはもう、お留守番させることすらできません(笑)

『犬の十戒』DOG TEN COMMANDMENTS Author Unknown-作者不詳

1. My life is likely to last ten to fifteen years.
私の一生は10〜15年くらいしかありません。
Any separation from you will painful for me.
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
Remember that before you buy me.
私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。
2. Give me time to understand what you want of me.
私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。
3. Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。
4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
You have your work your entertainment and your friends.
あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
I have only you.
でも……私にはあなただけしかいないのです。
5. Talk to me sometimes.
時には私に話しかけて下さい。
Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.
たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。
6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。私はそのことを決して忘れません。
7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crushthe bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。
8. Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,ask yourself if something might be bothering me.
私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと
9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old
私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。
10. Go with me on difficult journeys.
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
Everything is easier for me if you are there.
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
Remember I love you.
そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。

そして、最近知りました。『猫の十戒』もあるんです。犬と比べるとかなりユーモラスで、ニヤリなしには読めません。猫を飼ったことのある人には思い当たるようなことばかりなのでしょう(ちなみに、ワタシは猫歴0
ですが)

Cat Commandments (For Henry, the Beloved)
『猫の十戒(我が愛するヘンリーへ)』Author Unknown(著者不詳)

1. Thou shalt not jump onto the keyboard when thy human is on the modem
汝、人間がパソコンを使っているときには、キーボードに飛び乗ることなかれ。
2. Thou shalt not pull the phone cord out of the back of the modem.
汝、モデムの後ろにある電話線を抜くことなかれ。
3. Thou shalt not unroll all of the toilet paper off the roll.
汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ。
4. Thou shalt not sit in front of the television or monitor as thou are transparent.
汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ。
5. Thou shalt not projectile vomit from the top of the refrigerator.
汝、冷蔵庫の上で勢いよく吐き戻すことなかれ。
6. Thou shalt not walk in on a dinner party and commence licking thy butt.
汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ。
7. Thou shalt not lie down with thy butt in thy human's face.    
汝、人間の顔の上に尻をのせて横たわることなかれ。
8. Thou shalt not leap from great heights onto thy human's genital region.
汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ。
9. Fast as thou are, thou cannot run through closed doors.   
汝、どんなに速く走ろうとも、閉まっているドアを通り抜けることはできない。
10. Thou shalt not reset thy human's alarm clock by walking on it.
汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ。
11. Thou shalt not climb on the garbage can with the hinged lid, as thou wilt fall in and trap thyself.
汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ。
12. Thou shalt not jump onto the toilet seat just as thy human is sitting down.
汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ。
13. Thou shalt not jump onto thy sleeping human's bladder at 4a.m.
汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ。
14. Thou shalt realize that the house is not a prison from which to escape at any opportunity.
汝、家とは機会があれば逃げ出せる刑務所ではないことを悟るべし。
15. Thou shalt not trip thy humans even if they are walking too slow.
汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ。
16. Thou shalt not push open the bathroom door when there are guests in thy house.
汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ。
17. Thou shalt remember that thou are a carnivore and hat houseplants are not meat.
汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし。
18. Thou shalt show remorse when being scolded.
汝、叱られたときには後悔してみせるべし。

せっかくですので、よろしければこちらもどうぞ。
中森明菜さん『十戒』(YouTube)

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

ペットショップについて

「生体展示販売」って聞いたことがありますか?

お客さんが自由に入ることのできるお店の中で、子犬や子猫がオリに入って(展示されて)売られている状態、いわゆる大部分のペットショップの販売形態です。

でも、欧米ではこの「生体展示販売」を禁止している国が多いことをご存じですか?(私はつい半年前までは知りませんでしたし、考えたこともありませんでした)

では犬がほしい人はどうするのでしょう。また、「生体展示販売」を禁止する理由はなぜでしょう。

例えばドイツで犬を手に入れるには。
犬が欲しいと思った人は、各犬種の協会等に予約をして、出産を待ちます。生まれてからも、すぐ引き取れるわけではありません。というのも、ドイツでは生後2ヵ月未満の子犬を親犬から離すことが禁じられているのです。ですから、実際に犬が手元に届くのは申し込んでから3ヵ月くらいはかかることになります。
詳しくはこちらのサイト、
CAJA(カヤ)成犬譲渡の会さんのドイツの保護事情 が分かりやすいです。

以前ワタシのブログにも書きましたが、生後6ヵ月くらいまでに、子犬は生きていくために必要な様々なことを学びます。特に生後3ヵ月までの子犬が親犬から受ける教育はとても重要です。子犬は親元で兄弟たち生活することで、犬社会の大事なルールを学びます。そしてこのルールが身についていなければ、人間からしつけを受けるのも難しくなります。

日本のペットショップで子犬が売られ始めるのは、早ければ生後1ヵ月くらいから。何も知らない頃から1匹でオリに入れられ、ストレスにさらされているのです(最近ではストレスの軽減を狙い、広い部屋に複数の犬を入れ、展示販売しているところもありますが)。そんな状態で売れ残り、生後半年を過ぎてしまったらどうなるのでしょう・・・。

実際に、ワタシが札幌市にある某ペットショップで見たキャバリアは生後6ヵ月のオス。オリから出してもらいましたがとても落ち着きがなく、暴れ放題で、抱ける状態じゃありませんでした。オモチャをちらつかせても、気にする様子もみせません。どれだけ長い間、外に出たい!と懇願しんでいたのでしょう・・・。

定価は確か8万くらいになっていましたが、店員さんは「今日なら、保険も込みで5万でいいです。」と言いました。売れなくなる前の叩き売りですね。バナナじゃないんですから。
「売れ残ったらどうなるんですか?」と聞いたところ、「みんな売れちゃうんですよ」と言っていました・・・。

仮にその言葉がウソじゃないとしましょう。安ければいい、と安易に、社会化されていない犬を買ってしまった人が、犬に不慣れでその子犬をしつけられなかったとき、その子犬はどうなるのでしょう?「人間を噛んだ」「トイレを覚えない」「吠えやまない」など、しつけができなかったことを理由に、人間の都合で保健所に持ち込まれる犬は後を絶たないのです。

生体展示販売は、犬の社会化のため、そして安易に犬を飼う(その結果捨てられる)ことを防ぐため、そして劣悪な環境で繁殖を続ける悪徳ブリーダーの利益を生まないために、欧米では禁止されているのです。
その話を聞くと、日本は先進国でありながら、人間以外の命に関しては後進国だと言わざるをえません。

ワタシ自身、peepeeちゃんを何も考えずにペットショップで買ってしまいました。ペットショップでは当然売れれば売れるほど子犬を仕入れます。いい人に買われ幸せになる子もいますが、その陰には犠牲になっている子がどれだけいるのでしょう。

年間に日本で処分される犬は16万匹と言われています。

犬や猫を販売するペットショップの責任は、本当に重大だと思います。
良いペットショップというのは、しっかりとその個体の特徴について説明をしてくれ、飼う人の環境を確認し相談にのってくれる、生後3カ月からの子犬を引き渡すところ。安易に販売しない店です。

これ以上不幸な子を増やさないためにも、ぜひ子犬や子猫を飼おうと思う人は保健所などの里親さがしや、優良ブリーダーさんからの直販を検討してください。また本当に、犬や猫が好きという方には、ぜひセンターや保健所から抑留犬の引き取りを検討してほしいと願います。

ご存じない方も多いかもしれませんので、念のため。
札幌動物管理センターには、かなりの割合で純血種と思われる犬が抑留されています。センターには獣医さんもいますから、だいたい年齢の見当もつきます。ひょっとすると多少の問題を抱えている子もいるかもしれませんが、そういう子はセンターの方も安易に譲渡はしません(再び捨てられては困りますから)。前述のCAJA(カヤ)成犬譲渡の会さんのように、センターから犬や猫を引き取り、譲渡しているところもあります。興味をもたれた方はぜひ問い合わせてみてください。

飼い主をなくしたたくさんの犬や猫が、助けを待っているのです。ぜひお願いします。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

犬の膝蓋骨脱臼について

peepeeちゃん、先週から一日に何回か後ろ足がびっこをひいてることがありました。念のため・・・と思って病院に行ってみたら、膝蓋骨脱臼と診断されてしまいました・・・(涙)症状は文字通り、膝の「おさら」がはずれてしまうのです。(小型犬には内方脱臼が多いらしい)

原因は、先天性・発育性・外傷性など。peepeeちゃんの場合はワタシが親犬を知らないのでどうかはわかりません。先天性の場合でも、やはり過度な運動・フローリングの床が影響するようです。残念ながら、うちはそのどちらもあてはまります。

脱臼は程度によって4つのグレードに分けられるそうで・・・

グレード1
 膝蓋骨は主に正常な位置にあるが、力をかけるとはずれる はずれても自然の戻る
グレード2
 膝蓋骨は主に正常な位置にあるが力をかけるとはずれる スキップ歩行する 
グレード3
 膝蓋骨は常にはずれた状態 人の手で正常位置に戻すこともできるが、すぐはずれ、骨は変形がみられる
グレード4
 膝蓋骨は常にはずれた状態 骨は変形 人の手で整復も不可能な状態

※詳しく知りたい方は
 日本動物遺伝病ネットワーク http://www.jahd.org/jahdnet_d.html をご覧ください

peepeeちゃんはレベル2から3ということでした・・・。
今回みてくれた先生からは「手術は山の上にボールをのせる溝を作るようなもので難しく、再手術の可能性も高い。また手術をしても、その後1カ月は大人しくさせなければいけないため、そのケアが難しい」と言われました。結局のところ「運動制限しかない」というのが、その先生の結論でした。

ただ問題はpeepeeちゃんは今までワタシが暮らしてきた犬の中でも、最高に落ち着きのない子だということ。まだ月齢7カ月ということを考えても、運動制限がどこまで可能か、ワタシには自信がありませんでした。

家に帰ってからいろいろ調べてみたところ「早期発見が大事。症状が軽ければ軽いほど簡単な手術で済む」と解説しているものが多かったです。

今回の先生を信用しないわけではありませんが、何もしないで後悔するよりは、自分でできる限りのことはしたいので、手術も視野にいれつつ、他の病院に行って診察を受けてみようというのが、ワタシの結論。
膝蓋骨脱臼の手術、百戦錬磨の先生でも見つからないかな・・・。

うちのフローリングも「わんわんスベラン」(犬のための、滑りにくいフローリングコーティング剤)に変更です。即効、注文しました。あぁ、もっと早く変えておけばよかった・・・。大失敗です。ごめんね、peepee。
こんなワタシの様な失敗をしないためにも、家の床がフローリングだという方、ぜひワックスの見直しをおすすめします。本当に、お早めに。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月 5日 (火)

発情期、避妊手術について

peepeeちゃん、初めてのヒート(生理)〜☆大人の仲間入りです。うふっ(きもっ)

約10日くらいのヒートが終わってからが発情期となるので、しばらくはお出かけもできません。なぜって、オスのみなさんの本能をそそってしまい、迷惑をかけてしまうからです。

メスのヒートの匂いで男の子は発情して大興奮!オスが2匹以上いると喧嘩したりしちゃうんです。まさに「喧嘩をやめてぇ〜・・・、わたしのために争わないでぇ〜、もうこれ以上ぉぉ〜」(by河合奈保子 ふっる〜い)という状態です。

だいたいメスの初めてのヒートは7カ月〜10カ月くらいと言われています。peepeeちゃんはあと6日で7カ月!というところでヒートがきたので、ちょっぴり早熟なおませさんかもしれません(笑) 一般的にも、大型犬より小型犬のほうが早いと言われています。

詳しくはall about「獣医師に聞く 愛犬の発情期と生理、避妊・去勢について」などご覧くらさいまし。

そこで、考えたいのが「避妊・去勢」についてです。
「元々子孫を作る本能があるのに、人工的にその機能をうばうのはどうか」という考えもあると思います。でも、じゃあ本能に任せて産ませてあげられる環境が整っているのか、というとそうではない人が大部分ですよね。

ワタシは現に環境が整わない人間の1人です(うちのマンションでは犬は1匹しか飼えません)。おまけにpeepeeちゃん、最近「足の調子が悪いなぁ」と思って病院に行ってみたら、膝蓋骨脱臼と診断されてしまいました。この病気(?症状)は先天性の可能性も高いそうです。実際はどうかわかりませんが、やはり同じ症状の子犬を産む可能性のあるpeepeeちゃんを、出産させるわけにはいきません。

それから、ワタシがもっとも重視しているのは「避妊・去勢」が病気の予防になるということ。メスの場合、乳腺腫瘍の発生率を下げ、生殖器系の病気を少なくすることができます。オスの場合は、去勢によって、会陰ヘルニアや前立腺肥大、精巣ガンなどの病気を防ぐことができます。
キャバリアは犬種的にとても心臓の病気が多いと言われています。年をとってから心臓が悪くなったら・・・、そんなときに万が一乳腺腫瘍などがみつかったら、手術を受けることは困難です。またワタシ自身の経験ですが、以前飼っていた大事なワンコを乳腺腫瘍と卵巣の病気から救ってあげられませんでした。次に飼う子には絶対に避妊手術を受けさせようと思っていたので、全く迷いはありません。

自分の可愛い愛犬の子犬がほしい、という飼い主さんはたくさんいると思います。気持ちは本当によくわかります。でも、あなたの愛犬は、本当に繁殖させても大丈夫でしょうか?犬の病気の大部分は遺伝的な要因を抱えています。もし生まれた子犬に異常があったらどうしますか?生涯、責任をもって面倒みられますか?まさか、仕方がないといって保健所に持っていったりしませんよね?

ブリーディングは素人には難しいこと。何世代も昔の先祖にさかのぼって、遺伝的病気がないか調べる必要があるのです。また、ペットショップに売られた自分の愛犬の子がもし売れ残ったらどうなると思いますか?不幸な犬や猫を増やさないためにも、ぜひよく考えてから行動してほしいと切に願います。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

【ペットと泊まれるホテル】トーヤ温泉ホテル

peepeeちゃんを家族に迎え、初めて一緒に泊まりに行った温泉が「トーヤ温泉ホテル」でした。

トーヤ温泉ホテル

ちょっと古い感じのホテルですが、エントランス横には「ワンちゃん用の足湯」もあり、以前から「ペットOK」をウリにしていたようです。差別化は大事ですね〜(笑)。現に、ワタシはそれだけの理由で、ここを選びましたから。

部屋は、というと・・・やっぱり、期待してはいけません(笑)「でもペットokの部屋は期待できない」と思って行けば、案外いい部屋だと言えます。(それは、定山渓グランドホテルに泊ってみて、わかったことですが・・・)

ここのホテルのよかったところは、部屋食だということと、ホテルの人がみんな犬好きのようで、感じがよかったということ。あとは、洞爺湖畔にあるので散歩がしやすいということと、オンシーズンには花火大会が楽しめるということです。
特に不快に感じるような出来事もありませんでした。

温泉はそれほど広くありません。露天風呂も温度はいいのですが、かなり狭いです。5人以上入るとけっこう圧迫感があり、のんびりできないかも・・・。でも、人がのんびりしちゃうと部屋で待っているワンコが可哀想なので、それはそれでいいかもしれませんね(笑)

ペットは入れないのであくまでも蛇足ですが、個人的には洞爺湖温泉では大和旅館が気に入っています。源泉100%の、とても肌になじみのよいお湯です。でも露天風呂もアトラクション風呂もサウナも何もありません。2つの浴槽だけ、というシンプルな施設です。ワタシは今まで2回行きましたが、毎回地元のおばあちゃんたちしかいません。ジモティ(古い〜)気分が味わえて楽しいですよ。

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売するのは反対です。

| | コメント (0)

2006年12月 3日 (日)

無料室内ドッグラン

わんにゃんふれあいパークに行ってきました。
この施設にある無料の室内ドッグランが目的です。

わんにゃんふれあいパーク
http://www.wan-nyan.co.jp/park/index.html
札幌市中央区南8条西4丁目
562-1126

まずは駐車場探しに一苦労。予想通りですが、施設の駐車場はないようです。近所のパーキングを探したんですが、一本裏にはいるとそこはホテル街。お世辞にもいい雰囲気とはいえません(笑)ぐーるぐる回った結果、ふれあいパークより西側、ホテル街のなかに1時間100円という格安コインパーキングを発見!そこに駐車しました。わんにゃんふれあいパークのとなりもコインパーキングですが、そこは20分100円とお高いです。1丁すすきの寄りに30分100円のがあります。

無事に車をとめて施設に入ると、1階はショップとペットホテル。ショップは服やフードを中心に、豊富にい〜ろいろあります。この間、peepeeちゃんに購入したbonitaのベッドも売っていたし、キャリーバッグもけっこう揃っていました。フードは、札幌ではあまり扱われていないbocsh(peepeeちゃんご愛用)もありました。特に買うつもりもなかったんですが、可愛いお姉さんに「どうぞご試着できますよ〜」と言われ、ついついはかせてしまったが最後「あぁ、なんて可愛いのかしら☆peepeeちゃん」。つい、デニムのスカートを買ってしまいました。自分の服もしばらく買っていないのにぃ(涙)

そして肝心のドッグラン。
室内ドッグランは初めてなので、比較対象がありませんが、こんなもんなんですかね?床がフローリングではないんだけど、堅い材質でちょっと滑るんです。あんまり安心して走れる感じではないかな。
でもお水もあるし、粗相しちゃったとき用の掃除用具もおいてあるし、最低限は揃っています。でもおしっこシートはないので、持参したほうがいいです。ワタシたちが行ったときは、午前中だったせいか入れ替わりでダックスちゃん、シーズーちゃん、アメリカンコッカーちゃんの3組だけでした。うちのpeepeeちゃん、他のワンコへの「あそぼーあそぼー」攻撃がしてしつこくて、気の弱い子は自由に遊べなくなってしまうので、あんまりたくさんのワンコが来てなくてよかったです。

もっと寒くなったら、また行ってみよっかな〜。

最後に。
安易にネットで犬や猫を購入・販売するのは反対です。

| | コメント (2)

2006年12月 2日 (土)

【ペットと泊まれるホテル】定山渓グランドホテル瑞苑

定山渓グランドホテル瑞苑に行ってきました。http://www.granj.co.jp/top.html

もちろんpeepeeちゃんも一緒なので、「ペットお泊まりプラン」です。

ペット連れの専用客室は数も限られているので、じゃらんnetで1カ月位前から予約。じゃらんnetでは名称が「定山渓グランドホテル瑞苑」ではなく「定山渓グランドホテル」になっていたので、「定山渓鹿の湯花もみじ」のように新館と旧館があるのかと思ってさんざん調べたけど全然見つからず。けっきょくのところ、じゃらんnetの名称が古いままだっただけのようです。

定山渓グランドホテルにはたしか10年くらい前に2度泊まったことがあるんだけど、「瑞苑」になってからは来たことがなかったのでちょっと期待していました。
しかし・・・。
チェックインを済ませ、係の人に連れられ3階へ(とはいっても、エントランス・ロビーは2階なので、実質は2階の部屋)。小さなエレベーターを降りて右手、段差を越え、どう見てもバックヤードにしか見えないような暗い廊下へ。4部屋がならび、そこにはペット宿泊の目印。そして部屋にはいると・・・
ところどころ擦れて色の変わった畳、角のいたんだテーブル、時代を感じさせる緑色の取っ手の割れた冷蔵庫、そして金庫もない・・・。そこはまるで、ウェブサイトにアップされていたのとは別のホテルの部屋でした。たぶんこの部屋は、改装前のままなのでしょう。

そうです。ペット専用客室に期待してはいけないのです!

前にpeepeeちゃんを連れて泊まったホテルもそうだったけど、ハッキリ言ってペット専用客室はしょぼい。うちのpeepeeちゃんは幸いなことにおしっこもほぼはずさないし、あちこち噛んだりもひっかいたりもしなければ、吠えもしないので、「もっといい部屋に泊めてよ〜」と思っちゃうんだけど、みんながそうじゃないもんね。男の子なんかは本能でマーキングしたくなるだろーし。みんなが同じ状態じゃないなら、たいていの子がきても大丈夫な部屋にしか泊められないでしょう(涙)

部屋以外は、というと。
食事はバイキングだったけど、値段を考えればまぁまぁかな(ちなみにワタシは金曜から宿泊の平日プランなのでお安いです)。
温泉は、温泉にはちょっとウルサイワタシにはちょっと不満でした。男女のお風呂が22時から入れ替え制で、最初は女子が大きいほうのお風呂(ウェブサイトにのっている立派な大露天風呂も大きいほうにあります)。 女子が最初に大きいほうなのはうれしいんだけど、なにせみんな熱い。どこにはいっても42度くらいで、全然ゆっくり入っていられないのです。でも、翌朝、小さいほうのお風呂にはいると、お風呂ごとに温度差があって、露天もたぶん40度くらいでちょうどよかった。大きいほうも、このくらいの温度のお風呂もあったらよかったのになぁ。
あ、そうそう。もう一つ最大の不満は、お布団敷きのこと。
「犬がいるから、お客さまのいる時間にお布団を敷きに来ます。何時がいいですか?」って聞かれたから「じゃあ18時に」と頼んだのに、結局来たのは19時!その間、2度もフロントに電話したのに、2回目の電話からも30分放って置かれたこと。お風呂に行きたいの我慢して待っていたのに。1時間分返せ〜!ってアンケート用紙に記入してきました(笑)
でも悪いことばかりでもありません。
今年9月にできたエステサロン「Hermosa(エルモーサ)」でボディのオイルマッサージとヘッドマッサージをお願いしたのですが、けっこう強めでよかったです。(優しいのが好きな人は最初にお願いしたほうがいいかも)

というわけで、1泊2日の定山渓グランドホテル瑞苑。「Hermosa(エルモーサ)」はまたぜひ利用したい!と思いましたが、泊まりはもういいかな・・・。
次回どこかへ泊まりに行くときには、peepeeちゃんはワタシの実家か妹宅でお泊まりにしようと思います・・・。

最後に。
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です。

| | コメント (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »