1行紹介

札幌市在住。犬をこよなく愛す♀です。

自己紹介文

札幌市在住。
もの心ついたときには、
犬と生活をともにしていたワタシ(♀)。
現在、キャバリアのpeepeeちゃん(♀)と生活中です。

peepeeちゃんは札幌市内の「テンテン」という
大型ペットショップからやってきました。
血統書には「north land shimaya jp」とあります。


peepeeちゃんは、これまで(2007年9月現在)に
膝蓋骨脱臼とアカラスを発症。
(現在はアカラスは完治、
膝蓋骨脱臼は変わらずグレード3です)

たいていの本やWEBサイトには
『膝蓋骨脱臼やアカラスを発症した犬は、
 繁殖に使ってはいけない』と書かれています。

それはなぜか?
膝蓋骨脱臼の大部分は遺伝が原因といわれ、
アカラスは母犬から子犬への授乳時の感染が原因と
いわれているからです。

逆を考えれば、peepeeちゃんの場合も当然、
『親犬からの遺伝・感染』が疑わしいということに
なります。

親犬は健康な状態なのでしょうか?
強い疑問を感じています。


ぜひ、こちらを読んでください。
ペットショップで犬や猫を買うということ

【これから犬を飼って、一緒に生活したいと考えている方へ】

犬と一緒に楽しく暮らしたいならなおさら、
遺伝や病理についての知識をもった
ちゃんと犬のことを考えているブリーダーから、
親犬を見た上で購入されることをお勧めします。

犬、特に純血種の病気の大部分は、
遺伝と深い関係があると言われているからです。

親犬同士が健康であれば、子犬も健康である確率は
高くなります。
(親犬の兄弟、祖父母あたりも確認できればより安心です)

ペットショップであなたが犬を買えば、
お店にはまた新しい犬が仕入れられます。

ペットショップの大部分は、原価をおさえるために
peepeeちゃんの犬舎のような仔犬繁殖工場ブリーダーや、
遺伝病など考えたこともない個人ブリーダーから
犬を仕入れています。

遺伝の知識のない繁殖者や、遺伝病を無視する繁殖業者が繁殖させることで、
遺伝病を抱えた犬が、どんどん増えています。

子犬を買うなら

ワタシは何も知らず、考えず、
ペットショップからpeepeeちゃんを迎えました。
ワタシの支払ったお金が、新たな繁殖を行う資金に
なっているかと思うと、本当に
後悔の気持ちでいっぱいになります。

ペットショップから買うのも
センターや保健所から引き取るのも、もちろん個人の自由です。
ただ。犬を家族として迎える前に、本当に
あなたはその犬を生涯面倒をみることができるのか、今一度考えてみてください。

日本では年間16万頭もの犬が、不要犬として
処分されている―これが現状なのです。


メールアドレス:sapporo_wan@yahoo.co.jp
【メールを送っていただける方は、どの記事にでもかまいませんので、必ずその旨コメントを残してください】